FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFC 今年の総会は秋田 かくのだてフィルムコミッションだ 

JFC ジャパンフィルムコミッション。全国フィルムコミッション連絡協議会の進化系組織。昨年できた。

JFCになってから、個人会員は委員会に参加ができなくなり、総会とセミナーが唯一、全国のFCスタッフと情報交換できる場となった。(これまでは年数回開かれる委員会に参加し、議題協議と懇親会の席で一日かけて、先進FCの事例をたずねるなどして日ごろ地元で抱える課題を解消してこれた。)

昨年の総会は京都。今年は秋田。各FCが受入れを行う。セミナーはさることながら総会でも、各FCの嗜好をこらした学びの場がある。
★ロケ地ツアーはその筆頭。FC同志が学ぶ場として各FCのロケーションがどういうもので、どういう作品での使われ方をしているのか。またその受入れ方法などを現場で見れることはすごいチャンス!
★くわえて、総会や懇親会を開催する場所もロケーションに優れている。京都は由緒正しき寺だった。神戸のセミナーは港が一望できる居酒屋で宴会だったし、会議室も素晴らしかったな。
★宿泊ホテルや弁当は、地元受入れFCが日頃映像制作者に提供しているサービスを同様に適用してくださるゆえ安価となる。これもどういう金額でどういったレベルのホテルをどう提供しているのか。
★挨拶には市長が来る。市長の挨拶で、FCを市政にどう位置づけているのかを垣間見れる。


総会は、そのまちが、FC事業にどう向き合って取り組んでいるのか。映像制作者とどう付き合っているのか。を
たかだか一泊二日の滞在期間で知ることができる貴重な機会だ。
更に、そのまちの地域力、そのFCのチカラ・ワザを垣間見ることとなり、うちらは地元に持ち帰ってどう生かせるか。どう真似できるか。と学び、自分たち地域の課題、FCの課題を解消するヒントをもらえる機会でもある。


こういった貴重な機会が他にあるか?ない。他にはない。


■JFC「映画上映会/シンポジウム」わらび劇場で開催!
こちらは一般入場ありですよー
http://www.warabi.or.jp/topic.php?1282279249

■かくのだてフィルムコミッション
http://www.hana.or.jp/~film_com/



全国のフィルムコミッションのみなさーん。総会でお会いできること楽しみにしていまーす。
「関東甲信越静ブロック」のみなさーん。総会で会いましょう!
スポンサーサイト

サポーター会員さんへのお知らせ準備中 

ようやく今週末に定例会議の日時が決まって準備中。
今回の会議は、6月総会に向けての、事業報告作成、事業計画作成と通常業務に加えて、ハリプロとの連携についてさらには微助人の今後という大きな課題を検討せねばならない。

いやーサポーター会員さんには、ハリプロ終了しましたと、今後こんな予定です。の案内をしようと5月頭から準備しているだども、こんな予定です。が確定してなくて、案内文を眠らせたまま。今週末の会議で決定すれば、発信できるかなー。アド街もレディス4も、絶対零度を見てね。の案内もできておらずで歯がゆい、歯がゆい。

ロケ支援は、ハリプロの新しい組織体制によって、数年ぶりのスピードで進められ成立していく。


これからの微助人は、スタッフの体力をすりへらぬよう温存しながら、徹夜をしない。無理をしない。運営に切り替えていけそうで、楽しみだ。


■最近は 

連日ロケ支援に追われています。

複数作品かけもちの際は、どっちの作品のロケーションだったのか?間違えてたり、混乱しちゃいます。脳みそがついてけてない。

そろそろ専従スタッフが必要です。
微助人では、長年の課題ですが、

ハリプロ事業で「できないよ」とは言えません…。
雇用できる仕組みを一人でなくって、ハリプロの仲間と一緒にかんがえていけそうです。

■今週は本業と執筆 

いやー、溜まった!溜まった!

本業の仕事がたまりすぎた。請求書発行も滞っているから銀行の預金がヤバイ。と10月末に思いながら、ようやく昨日から手をつける。


加えて、講演と執筆と、報告書などの書き物も溜まった。ビスケットスタッフに「金子さんだけだから、書いてないの」と言われてメールをみたら締切は1か月前だった。あちゃー。

焦る、焦る。

■藍坊主 桜の足あと プロモーションビデオ ロケ地 

今週末5日、急遽 静岡県教育委員会が主催する「平成21年度ふじの翼グローバルリーダー養成事業講座」の講師としてお話をさせてもらう。

今夜は、パワポ資料と台本を作っている。

微助人の活動をご紹介するにあたり、一番わかりやすく、活動趣旨に合致した作品&支援だったので、講演等では
沼津の片倉工業 旧沼津蚕種(さんしゅ)製造所で撮影支援をさせていただいた作品、トイズファクトリー所属の「藍坊主」さんの「桜の足あと」プロモーションビデオ(PV)撮影を例にさせていただいてる。

半年振りにPVを拝見して、イイ曲だなーと思い、撮影当時を振り返った。

■藍坊主 公式サイト
http://www.aobozu.jp/

■藍坊主 公式ブログ
http://blog.goo.ne.jp/blog_aobozu/

■桜の足あと Youtube 
http://www.youtube.com/watch?v=ZeX8wijxe34
特典映像も見れたらいいのになー。これまたすんばらしい。良かったら見てください。



■ジャパンフィルムコミッション ユニジャパン へ行って来た 

今日は、予定が3本入っているつもりで朝からてんぱっていた。
・ロケハン(高校まわり)
・JCの会合(灯ろう流しオリエン)
・あともういっこ(わすれている)

手帳ちゃんとつけろよー。で済むんだが、パソコンがある事務所には、書類とかばんの山で、車の鍵を探すにも、片付けられない女ごとく、スケジュールをメモ書きして、カレンダーにつけて手帳に転機がままならない。

さっきも電話で、これからJC会合いくからーと電話を切り。JC仲間に、5分遅刻しますと電話したら、「明日ですよ、金子さん」と

と、まぁー。脳がキリキリまいになっている。

昨日、東京にでかけて、微助人やハリ!プロ業務を半日休んだので、生活ペースがちょいとくずれた。というところ。(半日でくずれるんかい。おい)夏ばてもあります。wwヒールはいて、東京の人ごみに行くと、疲れます。

■ジャパンフィルムコミッション 
全国フィルムコミッション連絡協議会から、ジャパンフィルムコミッションへと進化したわけですが、昨日は、初の所属委員会の会合でした。今年は、ブロック化と研修の委員会に所属。

福岡、北九州、仙台、札幌といった遠くから各FCがあつまった。(微助人はフィルムコミッションではないので、正会員にはなれないので、個人会員です。)

これから各FCはブロック化され、静岡は経産省管轄エリアのFCと連携を組んでいくことになります。九州や北海道や他地域は既に県を越えてタッグを組んでいるのを、毎年うらやましく思っていたので、静岡県もここで組み込まれることを楽しみにしている。講演会や活動発表で、他FCの県を越えたタッグについて紹介をさせていただいているが、微助人も、神奈川県や山梨県とのタッグを必要とせまられる国内制作者のニーズがある。電話だけで、担当者とはなしをしているが、今後は顔をつきあわせて、連携が組めることが楽しみ。さらに、神奈川県、山梨県の隣県だけでなく、微助人のサポーター会員もいる茨城県や埼玉県ともタッグを組めるブロック構成とあって、学びながら、地域から、国内全体への底上げパワーアップをしていきたい。

研修は、これまでも行ってきたカリキュラムでもあるが、新たに法律問題や、観光庁、経産省、文化庁の支援もあるので、連携を組んだカリキュラムも入って、これまた楽しみ。

微助人の活動で必要と思っていても、なかなかマンパワーでは取り組めない。学べない。解決方法がみつけられない。ことから、この研修に3日間ないし、参加することで、光がみえてくるんじゃないかと。

かねてから、裾野市や磐田市や他市でも、FCに取り組みたい。どうしたらいいか?という相談をうけるなかで、きっかけは提供できても、それいじょうに応えることができなかった歯がゆさを、ここで解決できるのではないか?と。FCは、ロケ支援をやればいいだけの組織ではない。FCが守らなくてはいけない三原則はなぜにあるのか?FCといっても、日本国内では、提供するサービスがまちまち。それじゃーいけないね。フィルムコミッションという活動をつくったAFCIのグローバルスタンダードのサービスをきちんと提供しようよ。という研修。

数年前、入会2年目の微助人スタッフからも、基本をきちんと学びたい。という要望をうけた。当時は、今もだけど、自分が学んで、吸収し、手探りで活動することが精一杯で、人に教える。というところまではいかなかった。正解をきちんと学ぶ場が今年ジャパンフィルムコミッションでできる。10月くらいにははじまるというので、微助人メンバーや、ハリ!プロメンバー、県内の関心をもっている方々を誘って、受講したいと思う。もちろん、地元のフィルムコミッションになりえる行政機関の賛同も得て一緒に学びたいなー。という夢

http://www.film-com.jp/

http://www.japanfc.org/

■ユニジャパン 財団法人日本映像国際振興協会
会合のあと、「おー!このビルってユニジャパンさんっ入っているんだ」と気がつき、
ハリ!プロに顧問として参加いただいているユニジャパンの徳武さんに連絡をとる。同じく顧問に入っていただき、アドバイスをいただいている日野市にある映像支援隊のメンバー方にもご紹介いただきつつ、ユニジャパンさんにご挨拶をさせていただきに訪問。

「おー!若いひとたちがいっぱいだ。女性の比率が高いぞ!」
「張り合いのある、たのしそうな職場だ」

女性職員さんが、大量のマンゴーをむいてオヤツの準備をしている脇をとおって、東京国際映画祭の作品選定を行っている方にご挨拶をさせていただき、そのあと事務局長さんにもご挨拶をさせていただいた。ちょっとの時間だが、こういう空間で仕事をしている人たちを目の前にすると、「みんな頑張っているんだ。おいらもがんばろう!」というパワーをもらう。あんど、一方「よそはいろんなことが進んでいる。静岡県も追いつきたいぜ」と羨ましさと歯がゆさでいっぱいになる。

http://www.unijapan.org/

■参考図書のご紹介
先般、ロケーションライブラリー構築にあたり、HP担当のスタッフ赤松から紹介してもらった近隣在住で、東京で(勤務)起業する頼もしいWEBにたけた男性にめぐり合った。彼からFCについて参考になる本教えてくださいな、といわれ、うーんどうしたもんか?と思っていた。コレっていう書籍がないなーと。
で、ジャパンフィルムコミッションの個人会員名簿を見ながら、徳武さんも委員会入れるよーなんて話をしていたら、同じく個人会員の谷国さんの書籍ご紹介をいただいた。ちょうど、ハリ!プロメンバーからも紹介してもらっていた書籍と同じだった。おー!奇遇。カミが読めっていっているんだな。

で、ユニジャパンをあとにして、本屋に。銀座のまちを歩きながら読む。

映画にしくまれたカミの見えざる手―ニッポンの未来ぢから (講談社プラスアルファ新書)映画にしくまれたカミの見えざる手―ニッポンの未来ぢから (講談社プラスアルファ新書)
(2009/06)
谷國 大輔

商品詳細を見る


おっ、この本は、ハリ!プロ事業の11月シンポジウムの方向性の答えをみつけるヒントになるじょ!と思った。シンポジウムで、私が伝えたいことと、参加を想定している対象者が何を期待しているか?は、異なるんだが、その中間点がこの書籍にはある。
「ロケがくるとまちが元気になる」ということはどういことか?を、難しくとらえず、わかりやすく伝えられる。

「なんでライブラリーが必要なのか?」「なんで住民協力がなくてはならなないのか?」「どうしてそれで、ハリウッド映画がくるのか?」の、私がまどろっこしく話すことが、本で軽快に記されているのだ。

早速、昨晩は、この本を買います。という仲間のメールもあった。「走りながら考える」「考えながら走る」

■もうすぐ総会 21年度事業について 

6/20(土)総会を迎える。

今年は新たな事業に取り組む。
会設立当時からの悲願、即応できるロケーションライブラリーの構築をはじめ、一年間で連動したいくつかの事業。

・ロケーションライブラリー構築(ロケ地ハンター7月募集 11月発表)
・ロケーションコンテスト開催(7月募集~11月発表)
・ロケ弁コンテスト開催(7月募集~11月発表~販売)
・ロケ支援セミナー(夏)
・記者発表、シンポジウム、交流会(11月)
・ロケーションハンティング・ツアー開催(2月)

ひとつひとつが大きなボリュームの事業だが、短期間で企画し、7月には実施に入る。サポーター会員さんを中心に事業の企画、運営を行っている。各事業に作業部会長さんとチームを置き運営。ライブラリーとツアーは金子自身の構想は半年なんで、この1ヶ月でメンバーの皆さんの知恵が盛り込まれて、肉付けされてきた。今週末の会議でスケジュールと予算などを組みつつ、7月にはチラシ配布に向けて、毎日毎日、変化していっている。各部会はそれぞれ個別ミーティングを重ねている。

多忙な皆さんが勢ぞろいできるのは、月一回。
昨年11月に会設立からのサポーター会員さん5人に集まっていただき、微助人の将来について相談してきた。ひょんなことから12月にこの事業を行う国の補助金のお話を頂戴して、申請書を書いたのが1月。3月に申請を終え、きっと、ぜったい、採択される?と期待して、お会いできるサポーター会員さんに事業への賛同を募った。4月には採択前だが、一緒に汗を流して一年間お付き合いいただける方が数名新たに参画。4月末に採択結果は合格となり、その二週間後の5月会議は、新たにロケ弁部会メンバーとなってくださる方に加わっていただいた。
採択され、ようやくサポーター会員さんにも一斉メールでお知らせすることができたのがつい最近でしたね。そのなかで、事業に参画いただける方を募ったところ、6月は今週の6日土曜日、新たに3名の方が部会に参加いただけることとなった。現在、30名弱かな。
6月中旬にはマスコミ発表も行うので、7月には具体的な内容で、今度は一般で新たなメンバーも募る予定。

メンバーは、沼津市近隣をはじめ、静岡市、県外からいる。日常はメールを使い、全体会は月に1度。あとは部会ごとの会議。今月は、企画のピークゆえもう一度会議が必要かどうか?といったところ。

きっとあのサポーター会員さんも、仲間になっていただけるはず?と思っているが、個別にお電話する時間を逃してきている。拠点がない組織って、こういうとき、ホント弱いよな。


6/6(土)はサンウェル沼津で13時から会議っす。サポーター会員さんで参加希望する方は事前にご連絡くださいませ。

■事業の参加者募集やら 

今年度事業で、5/9会合を終えた。事業募集系、運営募集系のチラシたたき台も揉まれて着々と形になりつつある。

はよ公にしたいのだが、足踏みをしなくてはならない事情にストレス。
余裕をもって応募、余裕を持ってより多くの方に参画いただきたいと考えるが
こうやって、余裕のない期間で事業は行われていくんやねーと脱力感。

■やったー!今年はやるぞ! 

ブログにアレ書こう、コレ書こうと思いながらも、でけてない(涙)

・昨晩24日、採択合格の一報が届いた。
 とどこおっていた、企画実施を一緒にしたいメンバー募集やらボランティア募集のチラシ、たたき案をデザインしはじめる。

・おととい23日は、ジャパンフィルムコミッションの設立総会。
 毎回、会合では全国に仲間がいる。世の中は進んでいる。「国の戦略に乗り遅れるな!」と息をまいて帰ってくる。だども地元の現実は、ロケに限らずだども、20年遅れをやっている。

・会合のあとは、懇意にする東京仲間たちと、沼津や静岡の遅れをどうやったら解決できるか?アドバイスをもらった。東京にでかけると、いろんな広告がいっぱいで、今回の事業の参考になろうであろう柔軟な想像力がわいてくる。ニュージーランド観光のポスター「元カレよりニューカレ」さすがやねー。こんなノリのキャッチで、今年の事業をやりたいもんだ。

・今日25日は、事業の下見をやろうと準備してきたが、大雨予報ということで、昨晩急遽延期を判断した。当初は、朝6時スタート。静岡、焼津から来るメンバーは何時起きするんだよ?ってな具合に、みんなこの事業に気合が入っている。

・30日は、静岡メンバーが沼津入りで、ミーティング。それにあわせて、宿題をこなしておこうっと。
・5/9は、全体ミーティング、それまでに、更に目に見えてわかる形の書面を用意したい。


これでようやく、微助人の支援者さんにも、案内ができる!とも思っていたが、そうは簡単にいかなかった。もうちょっと調整をしてからの案内だな。忍耐、忍耐。と言い聞かせる。

■ロケハン中 

先日、2009年度事業の下準備で、これまでお付き合いのある映像制作者の方々にアンケートのご協力をお願いした。5日はアンケートをもとに、喧々諤々、どういうモノを作るか。推敲をかさねた。

うんで、アンケートにご協力いただいた方から、先日早速電話をいただいてオファーが入った。今回は、新しい事業を一緒に支援してくださる外部の方々にもご協力をいただいてロケ地探しを行い始めた。

やりたいことと、できること、できないこと、大きな壁に朝夕めげながら。



やりたいけど、できないことのなかに、新たな一歩を踏み出さないとどうにもならないことがある。

今年の目下の目標は、有償スタッフをどう雇用するか?だ。
・ルーチングワーク的な事務方と
・映像制作の支援ができ企画運営ができる人間と別物だと思いつつも
スタート時に、二人のスタッフを雇用する課題は大きい。

おととい、長泉にロケ行った際、スタッフの仲間である民間公共団体の事務職員さんにお会いした。優秀だなーと瞬間おもい、どんなツテでお勤めしているの?前職は?などと尋ねた。世の中には、こういう方がいるんだよなー。と、目の前にして感じる。パートタイムで二つの業務を兼務することもできるんじゃーなかろうか?などと期待の予測。

本来は、条件や環境なりを整えてから人の募集をするもんだが、なかなかその一歩を踏み出せない。イイ人が身近にいるから、ぜひ雇いたい。あなたなら、こういうことができる。できるから安定した収入を確保できる。雇用ができる。とならんかなーと模索中。

あー頭いてー。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。