FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月静岡県が燃える!映画主演は一十三十一さんだ 

今日は久方ぶりにロケハンにお邪魔した。ニュース番組の取材を見守りたくて。
作品は10月クランクインする静岡市出身の浜野佐知監督の「百合子、ダスヴィダーニャ」。

「オール静岡ロケだぜ!」を売り文句にしているわけでして、ロケ本番と同様に今日のロケハンも熱海~函南~沼津~二俣と静岡を横断してます。わたしはこの沼津ロケハンのみお邪魔。

ロケハンはロケーションハンティングの略。すなわち、撮影の下見。美術さんが現場を計測して、東京からどんな装飾品をもってこようか、つくってこようかなども打ち合わせるわけです。
今日は小道具のケーキ調達先をどうするかーという話になった。
ケーキといえば、私が微助人をつくるきっかけを(沼津青年会議所事業内で)つくった雅心苑さん土井社長さん。これまでいくつものロケ現場差し入れにお世話になっている。

早々に電話。「ケーキつくってー」
土井社長さん「いいよー」
「そういえば今回の作品の主演は一十三十一(ひとみとい)さんなんだよね。CD持っているよ」

ということで、前置きが長くなりましたが、静岡県に一十三十一さんがいらっしゃるよ。

■一十三十一さん公式サイト「360°」ブログで作品紹介されているね
http://toimemo.jugem.jp/

http://c.tkma.co.jp/tjc/j_pop/hitomitoi/

■大貫妙子 + 一十三十一 [いつも通り]


きれいな声した方なんですね。作品撮影の楽しみがまた一つ増えちゃいましたね。



本名は天野 一十三(あまの ひとみ)さんだそうで、「一十三」は本名なんですね。昨日、東京から友人が遊びにきてましてね。娘さんを33歳のときに出産したので「三十三(さとみ)」さんと言うんです。一緒においでくださった友人はシンガーソングライターさんで、名前と歌つながりで「一十三十一」さんを話題にしていました。

■ちなみに、本作品を応援してくださる方を募集中
http://d.hatena.ne.jp/hamanosachi/

http://befilm.blog39.fc2.com/blog-entry-377.html

■ちなみに、本作品、もうすぐエキストラ募集を行いますよ。まだエキストラ登録をしていない方は早めに登録をしておいてね。
http://www.mag2.com/m/M0071134.html
http://www.befilm.org/extra/index.html

スポンサーサイト

今日沼津で撮影していますか?はい、やってます 

ここ数日、日ごろお世話になる皆さんから久方ぶりにお電話をいただく。

「うちの父が、高沢公園で来週、ロケがあるっていうんだけど、知っている?」の電話は、
ロケ現場に差し入れをもってきてくださるなどのお付き合いがあるサポーター会員さんから。

「おい、今目の前でロケやってるけど…。犬いるよ。あの犬はアレだよね?」の電話は、
文化系事業でお世話になる県職員さんから。


「そうそう、あの犬は、かの有名なあの犬です」
「一世風靡した、あの子役さん。この作品が映画初主演になるのか」
「封切りにはきっと話題となるでしょうね」

たずねられて応えられず。ww
メーリングリストの報告メールを調べて
「そうですよ、そうそう」なんて電話に対応


ということで、
今日から日曜日までロケやっているんです。

今回の作品は、作品の3分の1が沼津ロケです。馴染みの小山町さんとタッグを組んで。
取材がOKな作品のような気がするので、ブログに詳細書いちゃってもよさげですが、遠慮しておこう。



これ以外にもロケやっています。
ロケ地探しやってます。大正時代の茶碗なども探しています。
ハリプロ映像協会 http://www.hollypro.jp/
↑このサイト見れば、わかる!と言いたいところですが、滞っていますだ。



誰かいませんかね。
ロケ模様がわかるレポートや写真を公式ホームページとブログにこまめに更新アップできる人。さらにメルマガも発行できちゃう人。いませんかね。
ロケコーディネートするスタッフ、職員の仕事報告メールをみて。もしくは聞き取りして。もしくはロケ現場に同行して。好奇心旺盛でコツコツとマメな仕事ができる人、いませんかね。


日々毎日、あちらこちらでロケ地を探し、ロケをやっている。ロケオファーは毎日あります。これは昔も今も。ニーズはあるだが、対応しきれない。今はハリプロ映像協会ができたので、多少なりとも対応が追いついてきそう。対応に追われてこれまで以上に滞っているのが、「広報」「やっていることを知らせなくては、やっていないも同じ」ですわい。「今何している」を伝える実務者が欠けているんですわ。「みなさん、これ手伝ってネ」の環境づくり、みんなのスタンバイ、心づもりを用意できる環境をつくっておくことが大事なのだ。それが「今、何している」「次はこれするよ」「その次はあんたの出番だよ」とね。そんな積み重ねで住民協力によるロケ支援が成立するのだ。

7/7 は 沼津がロケ地になったMM9の放送日だよ! 

6月総会終えて、今月事業報告書をサポーター会員さんに送る準備をしている。毎年の行事だ。でそのなかにロケシンブンという会報誌も入れるのも恒例となっている。

年に数回発行していた「ロケシンブン!」もここ数年は、3回位にとどめている。(ロケシンブン!編集長がいなくなっちゃったからさ。誰かやりたーいっていう人いないかな)A3両面の形態は変わらないから、一本の作品の記事ボリュームを圧倒的に少なくして、ダイジェスト版的に発行。よって区別して「ロケシンブン!ハイパー号」と呼んできた。

今回の「ロケシンブン!ハイパー号」は、以前のようにもどってみて、一本の作品のみで作っている。でも名前は「ハイパー号」のままだよw。

■7/7 は 沼津がロケ地になったMM9の放送日だよ!
で、今回掲載する支援作品は、山本弘氏原作、樋口真嗣総監督、古厩智之監督の「MM9」第一話、沼津ロケバージョン。サポーター会員の方はお楽しみに…。

「ロケシンブン!」をご覧になった地元の方々が、ロケ撮影の「誘致」にご関心をもっていただき、「ロケに優しいまち」になることを望んでやみません。(「来てもいいよ」の受身でなく、「誘致」なので「おっしゃ!まかせろ!の気構えを期待する)「ロケシンブン!」を見たら、「私の会社や自宅でも、ロケ撮影やってもいいわよー」という人が増えることを期待して、今日もえっちらほっちら原稿修正にスタッフ一同励むのだ)


■放送も見てね
MBS 7/7 25:30~
BS-TBS 7/10 27:00~
CBC 7/16 26:30~
iPadでも無料配信だよ。これからこういう媒体での放送が増えてくるんだろうな。

静岡のおいらは何で見れるんだろう。BS入っている友達に見せてもらうかなー。

http://mmmmmmmmm.jp/index.html



明日は、ハリプロ映像協会の第二回運営委員会会議だ。ここで多くの仲間と新しい組織の事業を考える。沼津市と商工会議所に専従職員を置き、この協会が発足できるようになったのも、この「MM9」支援のおかげ(きっかけ、後ろ盾)だと言っても過言ではないだろう。感謝、感謝!


■ちなみに7/7は、フィルム微助人 法人設立記念日よ
そうだ、そうだ、NPO法人を設立した周年だったな。どちらもめでたい!

沼津 出没!アド街ック天国 テレビ東京 5/1放送 1位~30位 

久々にテレビ前に座って支援作品を見ました。今日はテレビ東京の「出没!アド街ック天国」。テーマは沼津です。どこがランキング何位になり、どの部分がカットになっているのか?地元が考えるおすすめと映像的に考えるおすすめの違いを知りたかった。

本作品、私自身が直接関わったの部分はゴルフ場「愛鷹シックスハンドレッドクラブ」さんと若干「駿河の湯」さんだけども、映るところ映っていてホッとする。メーリングリストで報告を受けていた支援部分はランキング一位にもなっていてホッとする。うちも取材されたいよー、ロケ地になりたいよーという方は、是非、ロケーションライブラリーロケ地オーナー登録をしてくださいね。


では、さっそく振り返ってみよう

■祝!1位 ぬまづみなと商店会
さかなや千本一 ぬまづ丼膳 1680円 GW期間中まぐろかま焼きサービス
・かもめ丸 ぬまづ丼 1365円 GW期間中カニ汁サービス
・磯はる いわしづけ丼 1000円 GW期間中あじひものサービス
 ※ぬまづ丼は、2000年に沼津青年会議所で主催したぬまづ丼コンテストで選ばれたグランプリと準グランプリの2種類が食べれる

■2位 沼津
・びゅうお 重量日本一の水門 富士山の展望絶景
・INO セリ見学ができる魚市場
・女性セリ人誕生

■3位 千本松原

■4位 ひもの
・アキシン水産 手長海老ひもの 3尾1000円
・サスヨ海産 

■5位 沼津御用邸記念公園
・入場料 大人400円

■6位 寿司の激戦区
・すし之助 こぼれシリーズ 483円以下
・魚河岸寿司 

■7位 戸田温泉
・ときわや
・いさば旅館 貸しきり温泉からの富士山

■8位 伊豆三津シーパラダイス

■9位 丸天
・まぐろのテールステーキ

■10位 淡島ホテル

■11位 11の高校
・飛龍高校
沼津中央高校
沼津東高等学校 新聞部、トータルテンボス大村さん出身校、海浜教室

■12位 中央亭
・餃子 10個800円
※値上がったのか

■13位 高嶋酒造
・白隠正宗

■14位 冨久家
・イタリアンロール 1530円

■15位 愛鷹シックスハンドレットクラブ

■16位 桃屋
・沼津銀座
・富士屋パン

■17位 沼津プロレス

■18位 むすび屋
・秋鮭水産さんおすすめのメカジキ照り焼き定食950円

■19位 あわしまマリンパーク

■20位 沼津ぐるめ街道
・串屋 バブル期を髣髴させる花火ショー 150円~
・えび食堂 鬼が島 2980円

■21位 漁港の朝市
・内浦漁港
・戸田漁港 港ふれあい朝市 いわし2.5kg 600円 

■22位 あんかけスパゲティ
・マルコ
・いたろう

■23位 戸田
・丸吉食堂 たかあしがに

■24位 大瀬崎
・ちどりマリンサービス ダイビング 1名12000円
 マリンスポーツ

■25位 沼津アルプスハイキング
・中堅ハイカー向き 富士山、愛鷹山、駿河湾を見渡せる

■26位 どんぐり
・お茶漬け、きしめん、あんみつ

■27位 帆船 AMI号
・溜光男さんと娘さん

■28位 海のステージ
・シークラッチェ、プチ潮干狩り

■29位 しぶき
・海鮮バイキング

■30位 ニューグルメ
・羽野シーフーズ カリカリひものバーガー 
・丸かん 海鮮から揚げ
・新鮮館 
・○○わすれたっ するめいかせんべい


■ゲストおすすめ
・峰竜太さん 戸田港
・中尾彬さん 沼津兵学校 今井監督映画
・岩崎恭子さん 沼津スポーツセンター
・トータルテンボスさん 燦々ぬまづ大使
 藤田さんも沼津の病院で生まれたのに、大村さんしか就任していないww
・薬丸さん あじのひもの 友人がおくってくれる

■薬丸名物 高足かに魔除け面 1050円
戸田漁港直売所 勝呂満夫さん


ゴールデンウィークは、沼津へお越しくださいませ。
静岡ローカルでの再放送は 5/29(土)12:10~13:05 SBSテレビにて放映

ロケ地探しやってます ロケ地となってくださる方募集中 

今日は久方ぶりにロケ地探しに電話かけした。ハリプロ専従職員を中心にロケコーディネーターさんがロケ地探しをしているのを横目にして、ここは私の出番だ!と動いた。ww

今日はテレビ東京「出没!アド街ック天国」で沼津をテーマに放送されるんだが、来週も似たような沼津をテーマにした番組のロケ地を探している。制作の方は沼津出身ということでよく地元をわかっていらっしゃる。それに応えて探していくわけですが、今日は数あるお店のなかから探すポイントと、ロケーションライブラリーのお話を。


■魚屋さんを探した 探すポイント
たーくさんあるなかで、全てを一軒一軒聞いていくわけではない。また、知り合いの店だから、友達の店だからで決めるわけでもない。制作者、番組が求めている映像が撮れるお店を探していく。最終的には求められた数、1店舗なら1店舗に絞るわけだが、スタートの段階では複数店舗を候補地としてだしていく。こういった場所で撮影が可能。というロケ候補地を可能な限り複数もっていくことで、撮影がしやくすなる。
ロケーションの違いはわかりやすいが、これ以上に重要なのが、撮影条件である。いつでも撮影して良いですよ。いかなる時間、条件でも撮影に協力しますよ。ということはなかなか難しいので、このお店は、何時までなら協力してくれる。くわえてロケ地の立地も閉鎖されていて撮影がしやすい。など


■探す困難
素晴らしいロケーションはいくつもある。撮影にこぎつけない、難しいのは、ロケーションに加えて、施設オーナーの協力度とでもいいましょうか。「おっしゃ!まかせろ、協力するぜ!」なんですね。
魚屋さんの場合ですと、当然ながら定休日がある。撮影日が定休日にぶつかった場合、定休日だから協力できる。定休日だからお店の様子は再現できない。と様々です。くわえて天候に左右される撮影。今回は2日間の撮影と天候予備日が2日間ある。よって、4日間流動的だがどうなっても撮影に協力してくださる。というお店を探すのは、難しいんですね。

これを解決するのは、地元ネットワークです。見知らぬところへ電話相談するより、お友達のお友達のそのまたお友達、といったネットワークを駆使して、「おっしゃ!協力するぜ」と言って下さる方を探していく。

今回は今日時点では、ハリプロでもお世話になった組合さんへ、小学校同級生を通じて、ご相談をいただく。という流れ。


ロケ地探しは短時間で行われます。十分なご理解のないまま、ご承諾をいただいて進めていく。撮影ってどんな風に行われるの?撮影当日、準備など心配も多々でてくるようになります。微助人も10年活動して、ロケ誘致全般について多少ご理解を頂戴してきたが、いざご自身のお店がロケ地になる。となると、すそ野広く深い浸透はまだまだだというのが感想。これを、お友達ネットワークで、「よくわからないけれど、地域のためになるなら。友達のいうことなら。なんだかちょっと面白そう。お店の宣伝になるらしい。」といったご理解からスタートしていけるといいなーと思っています。


■ロケーションライブラリー
こういったロケ地探しの困難を解決するために用意したのが「ロケーションライブラリー」です。どんなに素晴らしいロケーションがあっても、施設管理者が、「ロケに協力するよ」のご意思、ご理解がなくてはロケ地にはなりません。ロケーションライブラリーに登録される。された。するロケーションは、「ロケに協力するよ」のご理解を頂戴した「ロケ地の宝庫」といえます。
もちろん、ロケ全般には協力するが、作品ひとつひとつ、撮影条件が異なるので、ロケーションライブラリーに登録したが、この作品は協力できないな。ということももちろんあります。登録時には、どういう作品なら協力ができるか。どういった条件なら協力できるか。をお答えいただき登録ができます。地元のニーズと、制作者のニーズをマッチングさせる機能をもっているのがロケーションライブラリー。

■ロケーションライブラリーは随時 登録者募集中
ロケーションライブラリーでは、ロケ地として協力してくださる方を「ロケ地オーナー」と呼んでいます。ロケ地オーナーになることのメリット、目的は、オーナーさんそれぞれです。「お店の宣伝をしたい」「地域に貢献したい」「おもしろいことしたい」「芸能人に会ってみたい」「映画が好き」「家族の思い出にしたい」「何かお役にたてることをしたい」などなど。


登録はこちらから ハリプロ ロケーションライブラリー

病院 学校をロケ地にしてみませんか? 

フィルム微助人のロケ支援事業は、新体制のハリプロ映像協会に移行し担っている。新組織といっても、微助人正会員およびサポーター会員、21年度ハリプロ事業に参加したみなさんが関わっているので、メンバー的には新ということもないが。外側の形としては新で。大きなポイントは、専従職員がいること、市が関わっていること。


■よくあるオファー 欲しいロケ地
微助人に限らず、関東近郊で求められるロケーションは、「病院」「学校」「ガレ場」が三大オファーであろう。病院、学校は施設のなりたちからして、撮影許可がおりにくいロケーション。ガレ場は「仮面ライダー」なんかの戦闘シーンや時代劇モノでもでてくるような岩がごつごつでているようなロケーションを指す。これに山道もついてたり、平地もついてたりすると尚良い。「石切り場」や「採石場」といった場所もこれに類する。ガレ場は、個人や行政が所有するが、一般の目にふれないような場所にあり探すのが困難であり、最適なロケーションは頻繁に使われるようになる。

■最近のオファー 欲しいロケ地
4月になったわけだが、われわれは常に病院と学校を探している。最近はわたしは先頭にたってロケ支援をやっていないので、これまで以上にどの作品でどの小学校を打診中。といった作品名と学校名が混乱して記憶しているが、学園ものからホラーもの、映画からテレビドラマ。多くのオファーがある。

■現状と理想
撮影によるまちおこしの理解が進んでいる県内外の先進地では、公立の学校でも撮影での使用が可能。沼津界隈は、学校オファーがきたら、「はい、これとこれとこれがあります」と即座に情報提供できるものは未だ無い。それでも諸条件をすりあわせてロケ使用をOKとさせていくんだが。
昨年良い例があった。深田恭子さん主演のドラマ作品だったが、候補地がうちと県内の別エリアと合計3つあった。最終的に県内の別エリアになった学校のすごいところ(決め手)は、撮影予定日に野球部の練習試合が入ってしまったのに、練習試合を自校でやらずに別場所を確保して行うなどして、撮影を最優先にしたことである。

撮影での使用が許可いただいた施設でも、撮影が成立しない理由は、撮影条件が合わない。からであるが、流動的な制作進行を一定程度考慮してくださった上で、どれだけ撮影受け入れに協力していただけるかどうか。が決め手となる。

ありがたいことに、日ごろ「金子さん、ロケで使ってよ。宣伝してよ」とおっしゃっていただく。なぜかタイミングよく数日後制作者から欲しがっているロケーションにあてはまる。ことが数回続いているんだが。「この間つかってといっていた物件、こういう撮影で使えますか?」とたずねると「その日は○○で私がいないからダメだわ」となる。ここで「私はいないけれど、変わりの者をつかせるわ」となると、グー。
撮影が成立するか否かは、至極日常的なやりとりからスタートして、一回のタイミングを逃してしまうと、なくなってしまう。これには、撮影のオファーからロケハン(下見)、撮影本番までが短期間で行われること。最短1日(こりゃ、極端だけど)~一週間(ざら)~一ヶ月~二ヶ月(このくらいは欲しいですよね)加えて、支援担当スタッフは一日複数件の案件を抱えているゆえ、即答があったものから進行させていく。時間をかければ撮影許可もおりる難易度の高いロケーションは絶対必要となればやるが、それはうちらがやらずとも制作者自らが行うパターンで。施設は理想的だが許可とるのが時間がかかるロケーションと、施設は妥協せねばらならないが許可はすぐ下りるロケーションならば、8割が後者をとるといっても良いだろう。

なわけで、ご理解をいただく。という意味でもロケーションライブラリーをあらかじめ用意しておくことが重要になって21年度事業として作ったわけだな。


■最近のロケ 病院
ハリプロになって、新しい病院のロケーションが複数増えた。

■病院 学校 ガレ場をお持ちの施設管理者のみなさんへ


おっと、でかけなくては。つづきは、またのちほど

■沼津港 と 小学校ロケハン 見つけた干物屋さん 

日々ロケオファーがあるが、なかなか対応ができん。
ましてはハリ!プロ事業真っ最中、県内受入れ団体などを紹介して終わってしまっている。

今日は、映画1本。CM1本。
こちらのCMは、かつてお付き合いのある制作者さんからなので、早速動く。
17時を回っていたが、電話でロケ地交渉をしつつ、写真を撮りに行ってきた。

■沼津港 ロケハン
「金子さんところ店界隈のアーケードってどうかな?」と言われ、各店既に弊店だども、雰囲気だけ写真に収めてきた。沼津港にはアーケードが3つある。
1つは、魚屋や玉子焼き屋などが入ったダイノブセンターさん
2つ目は、大型駐車場となりにある高嶋寿司さんなど飲食店が専門のアーケード
3つ目は、1階に飲食店、土産物屋、干物屋が2軒入った千本一ビル

・最近ショッピングモールっぽいのもできた。飲食店と土産物屋だが、アーケードというか完全にビルの新鮮館。


で、カメラ片手に、ふらーっと歩いていたら「農林水産大臣賞受賞ひもの」と記した看板が目に入る。
あれ?こんな看板あったっけ?と店前を写真とろうっかなーと思っていたら、中にお店の人がいる。

のぞいてみたら、あれまー。幼馴染の女性が二人いる。

干物ケースにある干物は、女性ならではの可愛いパッケージ。可愛いというかお洒落というか。
お次に目に留まったのは、見たことない「おしょうゆ瓶の写真が入ったパンフレット」と「民宿おくだ荘」と記されたパンフレット。醤油もお塩も静岡県の地元もんをつかって干物を作っているそうな。こういうこだわりのお店が増えることは嬉しいね。
沼津港は、代替わりもあるが、新規店舗が増え、だんだん若い世代が参入してきている。みなと商店会も来年は新しい動きもするというしこれから(我々子供達の世代も)が楽しみだ。


活動がら、「どこの干物が美味しい?」「金子さんのおすすめはどのお店?」と尋ねられる。
味の好みをききつつ、アジだけ食べたいのか?魚も買いたいのか?おつかいものか?など聞いて、TPOにあわせてご紹介している。

おつかいもので、いろんな種類を召し上がりたい、県外人向けに気に入ってご紹介していたお店がなくなってしまったので、次回はこちらのお店を紹介しようと思った。

■横屋
千本港町115-4 みなと旬彩街内 角のお店
定休日:木曜日、月末日曜日 11:00~19:30
老舗の干物屋さんの直営店だな。兄貴が干物をつくり、妹が売る!


10年前私が住んでいた実家住所や。(涙)
浸ってないで、さー写真を制作者におくらなきゃ…。

明日は、ハリ!プロ 全体会と、ロケハンキャラバンだ!
もう一つ、微助人定例会もだ。10時間会議か?

■日本アカデミー賞視聴者予想 投票サイト! 

第32回の日本アカデミー賞

最優秀作品賞&俳優を視聴者で予測し投票しよう!というサイトを、サポーター会員さんから教えてもらった。

受賞者へのメッセージと、最優秀賞だと思うコメントを寄せることができる。
是非!のぞいてみてちょ。

■公式サイトトップ
http://www.ntv.co.jp/j-academy/

■投票画面
http://www1.ntv.co.jp/academy/32/entry.html

■受賞者一覧画面
http://www.ntv.co.jp/j-academy/list.html

■日本アカデミー賞 クライマーズ・ハイおめでとう! 

2009年の第32回日本アカデミー賞(対象作品:2007年12月1日~2008年11月28日までに初公開された作品)で、作品支援(ロケ地三島市、日本大学国際関係学部校舎内。伊豆の国市、南山荘)した映画「クライマーズ・ハイ」が、優秀作品賞はじめ、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演男優賞、優秀助演男優賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞と10の賞を受賞した。

日本アカデミー賞公式サイト
http://www.japan-academy-prize.jp/

http://www.japan-academy-prize.jp/allprizes/2009/index.html

原田眞人監督はもちろんのこと、監督作品を通じて静岡県とご縁もある制作スタッフさんも賞をいただいたとあって、地元応援団としての原田組の一員である地元民としても!喜びは大きいですね!

こうやって賞を頂くということって、映画のもつ魅力、吸引力、影響力って大きいなーと改めて感じただ。うひひー!

■NPO法人フィルム微助人 支援一覧
http://befilm.org/roke/details/roke2007_11.html

来年からの5ケ年?事業計画では、WEBだけでなく、より多くのヒトの賛同をえられる媒体をつかって、思いを形にできるようにしたいなーとますます思った出来事である。

■我入道ロケ 終了 

今日は朝から我入道でロケだった。ふ~、ねむぅ~。

地元自治会や漁協の人たち、工事現場の人たち、海岸を掃除する方、お散歩する方々に本当にお世話になって、がんばんなきゃなーと一人孤独に奮起の思いであった。

かねこさん、東京の人?映画館系の仕事の人?と聞かれる。
地元をなんとかしなきゃーと、子供達が地元にかえってきたい街にするために活動しているんです。と話すと、

「PRがたりないから、たすかるねー」
「僕のこどもは音声の仕事しているけれど、沼津では働くところがないもんね。雇用が生まれたらいいね」
「香貫山から眺める富士山と街をながれる川の景色はすばらしいよ。こういうのをPRできるなんてすばらしいね」
「俺知っているよ、エキストラとかも募集しているんでしょう」
「我入道では君が生まれる前、昔からロケがあるんだよ。ここに馬が走ったんだから」
「そういえば、こんなロケ、あんなロケあったね。あれもあんたっちがやったロケなのかい」
など30人ほどの方々とお話をさせていただいた。

今回のメインロケ地は小山町。海はないから、沼津を紹介いただいた。10/18のロケハンでは、御浜海岸、島郷海岸、我入道海岸、千本浜海岸などを予定していたが、千本浜、我入道を見たところで我入道を気に入っていただけて決まった。

ロケ支援はツールにしか過ぎない。だが、大きな効果を得られる。まだまだ目指す効果を実証するところまでいきついていない。今年ふんばって、来年大きく進化させたいと思う。この活動で地域に誇りをもてるように、5年10年そして、50年後に当たり前のことのようになっているように、今ふんばらなきゃ!と自分を奮い立たせたロケであった。


そうそう、役者さんの一人が言っていた。
「あの山(三の浦)の先が伊豆でしょう。あそこはカツオ(沼津魚市場)工場?(田子ですかねー)俺覚えてるんだよね。ココの海岸もいいところだよね」

そうそう、制作者の人が言っていた。
「沼津きたら、生シラスたべなきゃね」(「せきの」さんをご紹介)
「我入道っていう名称はめずらしいね。どういう由来なのかねー」


外からの地元ファンをもっともっと確実なものに増やしたいなー。あれやこれやと考えて岐路につく。


主演の役者さんによる作品の撮影日記がwebで出ていますね。ご紹介をば…。
来年2/15 4/15 発売です。発売の暁には、是非是非!購入して家族で見てみましょうね。
http://ameblo.jp/masaru--matsuda/entry-10157479405.html

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。