FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■TMOぬまづ おかみさんサミットの最近 

中心市街地活性化法に基づき、沼津にも「TMOぬまづ」という組織がある。TMOはタウンマネジメントオーガナイゼーションの略。その中に、商店街の経営者の奥さん達の集まり「おかみさんサミット」がある。過去いくつかの活動をしているが、直近の視察報告を聞いて驚いた。

■複数の商店街のおかみさんが集まれる
沼津市には、<駅北商店街>中央通り商店会 · 駅北振興会・ リコー通り新宿商店会 · リコー通り商店街 <駅南商店街> 駅前名店街 · 仲見世商店街 · 大手町商店街 · 上本通り商店街をはじめ複数の商店街がある。そのうち5つの商店街のおかみさんが一緒に川崎は「元町ブレーメン通り」(←元町でなくって、元住吉の間違いでしたー!横浜研修計画してたもんで、頭で混じっていたよ)、東京は「NPO法人大丸有エリアマネジメント協会」の視察に出かけた。

■「NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
この協会は、大手町・丸の内・有楽町地区(=大丸有)を中心とする都心エリアで、街の活性化と、人々の多様な参加・交流の機会を創ってくNPO法人だそうな。母体は「再開発計画推進協議会」で、会員は名の知れた企業、行政、交通機関等で構成されている。再開発でNPO法人とってマネジメントしちゃうなんてすげーなーと思った。また地方のシャッター街で死活問題と言われるエリアでなく、大都会でこんな取り組みをしているなんて面白いなー。

※「NPO法人大丸有エリアマネジメント協会」会紹介より抜粋
ハードの取り組みに加えて、まちの運営・サービスや都市観光機能の充実といったソフト面の取り組み・エリアマネジメントが、より一層、重要となると認識しています。また、NYのBIDのように、民間組織が大きく街の活性化に寄与することも今後の日本の都心あり方の一つと考えています。

うんうん、なるほどー!進んでいるなー。未だに建物ありきで物事進んでいる街とは違うよなー。民間組織の関わりなくして物事進まん。納得!

■なになに、ニューヨークのBIDって?
財団法人自治体国際化協会の「官民のパートナーシップによるまちづくり」より。BID(ビジネス改善地区)制度は、区域内の不動産所有者から負担金として一定額を徴収し、その資金を直接地域の活性化に活用する制度。

視察で、「100年単位でなく、1000年規模で街を考えています」と説明があったそうな。まいど愚痴言う私に友人が、「私は100年200年後に、私がやったことが何かの種になっていればいいなーと思いながらやっているよ」とアドバイスくれ、驚いた。そうか100年スパンで考えればいいのかーと。そんなところに1000年と聞いて、腰ぬけた。このBIDからわかるように、ハード、街全体を考えたらそういう規模になってくるんだろうなー(かー)と。そんな事考えてやっている人が東京のど真ん中にいるのかと知って、「あー!視察行きたかったなー。直接話しを聞きたかったなー」と残念に思った。

■おかみさんサミットの今後に期待
こうやって複数商店街の人が集まれる機会、夢を実現している人との出会える機会、視察なんてどれも似たようなもんなんて飽き飽きしてたらいかんね。誰がその視察をコーディネートしているか。ユニークなアンテナを持っている人のチョイスはこれまた楽しい。百聞は一見にしかずだが、こんな視察体験しちゃったら、ワクワクしちゃうやーね。次回は参加でー、万難を期して行きたいです。沼津港食堂街も商店街連盟に加盟するようになれたらいいなー。仲間も視察仲間に入れてもらいたいっす。(笑
スポンサーサイト

■あったらいいなプロジェクト 模索中 

★様々な疲弊している活動を元気にするためにはどうしたらいいか。いろんな思いや努力を効果的に実績につなげるためにはどうしたらいいのか?と考えるなかで「協働指針&手引き」や「市民活動指針&手引き」といったものを、自分達も関わってつくってみたい。という思い。またその工程をアレコレ考える。考えては挫折する。

★「思いを汲み取る」制度、人、仕組み?にするためにはどうしたらいいか。以前このブログにもコメントいただいたように優秀な行政職員さんと出会える関係づくりに役に立つのでは?また、行政職員さんの助言や励ましで、ありがたかった。助けられた。という気持ちを形にしたいなーと。MVP賞を…、なんてことを模索している。

頑張ろうが頑張らなかろうが同じ給料であったり、役職として出世する人しない人の境い目など、もっと評価されてもいいんじゃないだろうかと思うことがあったりと、静岡県もこんな仕組みあったらいいなーと思ったこととあわせて人事評価制度について、行政職員さんに話してみた。そんな話のなかこんな世の中の動きを知る。

■三重県 人事評価 制度
三重が先進事例だよと聞きました。元三重県知事の「北川正恭オフィシャルウェブサイト」を見ると、「事務事業評価システム」や「政策推進システム」を導入し、2003 日本新語・流行語大賞受賞 で「マニフェスト」という言葉を受賞した方だと知りました。「改革派知事」として様々な試みをされた方でもあるんですね。ふむふむ。奥が深い世界だなー。難しくて理解するには到底力不足だが。北川さんの言葉に共感した。
一人一人の力は小さいけれど、お互いが共鳴しあって大きな渦になれば、途方もない力を発揮出来ることがあります。」ハリケーンを起こす活動。なるほどなー。元気がでてきます。
生活者起点の「行政革命」
生活者起点の「行政革命」
北川 正恭


■怒涛の二週間を乗り越え… 

昨日の取材でも振り返ってみたが、一年間の時間配分は、フィルム微助人95%、他所属活動4%、飯の食いぶち仕事1%がこの数年の優先順位となっている。そんななかでもこの二週間は睡眠時間もわずかで乗り越えた。有意義な日々で今日の出来事をブログに書こう!なんて思いながら、途中で書きかけアップもままならぬ。まとめて。

1/23 所属会会議
1/24 ロケハン
1/25 デジタルコンテンツグランプリ表彰式
1/26 所属組合会議 所属会総会
1/28 ミーティング
1/29 ヒアリング エキストラ募集スタート
1/31 ヒアリング ロケ地探し 所属会会議
2/1  ロケハン
2/3  地域文化活動賞 表彰式
2/4  ロケ
2/5  NPO事業塾
2/6  取材 国文祭会議

■2/6 取材
ビジネス雑誌の取材は写真を撮るというので、半年振りに美容院も予約したが、行けず。睡眠三時間、寝癖つけたまま回らない頭のままペチャクチャとインタビューを受ける。
■2/5 ろうきんさん主催のNPO事業塾
11月からはじまった4日間の会議もこの日が最後。毎回運営に取り入れようと思える。勉強の成果は4月以降にホームページに掲載したいと思う。他団体さんと話ができる機会は貴重。今回は懇親会がありゆっくり話ができた。みんな運営継続で悩んでいる。他者を励ましている自分がいるが、自分もどうよ。ってな。
■2/3 地域文化活動賞
5分間の発表資料作成、掲載用団体紹介の資料作成、正月前から取り掛かったが、推敲に推敲を重ねていたら、途方もなく延々と作業が終わらない。結果、作品紹介のための映像編集のオーサリングでつまづき、前日に大金はたいて(13000円)ビデオ編集ソフトを購入して完成したのは当日の朝6時。
■2/1 ロケハン
ロケハンを終えると一定の達成感あり。ロケは成立していないのにー。(笑)ロケハンまでこぎつけるプロセスが時間的労力を要ししんどかったりするので、ロケハンで既にチカラ尽きてたりする。体力の限界を感じる、年とったかなー。やべー。
■1/29 ヒアリング
川崎市は着々と動きがあり、うらやましい。「皆さんはボランティアで、僕ら給料もらってやっていますから」と自らおっしゃれる人はそうそういません。川崎のアクティブな動きに触発される思い。感動の一日だったな。

今日は溜まりに溜まった飯の食いぶち仕事をこなそうという日にしようと思ったが、ロケ地探しとエキストラ手配の電話かけが建て続き、一日が終わってしまった。眠くて電話口で何をしゃべっているのか途中で思考回路がストップしちゃう。優先順位を見直さないと生活できない、ヤバイぞ!自分。

「金子さん、最近ブログ更新していねー」の言葉に触発され、ブログ投稿に向かい合ったものの、毎度支離滅裂。(ぺこり)

■地域文化活動賞と田村孝子さん、佐藤典子さん 

2/3静岡県文化財団の「地域文化活動奨励賞」の授賞式&発表会でグランシップに出かけた。

■静岡県現代舞踊協会 佐藤典子さん
発表資料作りで徹夜。弁当を食べた後はおねむモードであったが、表彰式代表挨拶でグランプリに相当する「地域文化活動賞」を受賞した静岡県現代舞踊協会代表の佐藤典子さんの挨拶に目が覚めた!

「ともすると、文化活動は、お金や時間のある人が行うもの、趣味の延長と捉えられがち…。文化は心を豊かに生きる上で必要不可欠なもの…と考えている」と、長年の活動功績があるからこそ、その言葉に重みを感じ、共感した。

現代舞踊、私には縁遠い世界です。発表では、「わかふじ国体」オープニング、ロダン美術館などでの活動を拝見した。関係者へお願いをして二年間かかってようやく実現したというプロセスと佐藤さん物腰に惹かれた。

■グランシップ館長 田村孝子さん
しずおか国民文化祭の委員も務められる田村さんとお話がしたいとお声をかけさせていただいた。
「自ら足を運んでくださる方ばかりでなく、子ども、高齢者、障害者など、なかなか芸術にアクセスできない方たちにも質の高い芸術を安く提供するのが、公立文化施設の役割。」(リビング静岡「いまを拓くトップに聞く」から)とおっしゃる田村さんの話を伺って、大きくうなずく。「質の高い芸術」「公立文化施設の役割」、どちらも文化にうとい私は別世界のことだと思っていたが、田村さんの言葉はそんな私にもわかりやすい普通の感覚と言葉で、それを理解させてくれる。

■静岡県舞台芸術センター(SPAC)の元芸術総監督 鈴木忠志さんがナゼにすごいか
「質の高い芸術とはなんぞや」田村さんのお話から私が理解したこと。「鈴木さん(清水市出身)は、ケンブリッジ大学が刊行している20世紀を主導した演出家・劇作家21人のシリーズで、アジアの演劇人としてただ一人選ばれた人」んだよ、と教えてくれた。「個人の好き嫌いを軸にして(判断?しちゃいけない)」うまく言葉に言い表せない、まだ自分の言葉になっていないが、メモ。

■公立文化施設の役割
東京に舞台を見に行ける人は行けばいいし、見に行ける。が我々がこの活動をはじめようとしたきっかけの一つにもあるように、良い物を見たい、触れたいと思っても行けない子供に、この静岡県で本物に触れる機会を創りたいとと思ったように、公立文化施設の役割があるのだと理解した。一方で地域ニーズはともすると??になってしまう。建物を何に使いたいか?カラオケ大会をしたいといった地域ニーズに応えるのか。それは公的、公立施設としてどう判断するのか、ココが問われるのだと思った。「それが地域ニーズです」と言われたら。我々も目指すものと、地域のニーズは異なり、そのギャップに戸惑う。公立文化施設の役割があるように、NPO法人としての役割はどこにあるのか見定めること、理解して判断することが必要なんだと教わった。

たかだか立ち話30分で、多くのことを学んだ。なかなかこんな刺激的な会話を日常的に味わえる機会はない。佐藤さんにも今度ゆっくり背景をうかがってみたいが、田村さんはNHK芸術文化担当解説委員時からグランシップを応援していたこと、現在も静岡に住まず東京にお住まいであることなどから、こんな方がグランシップを指揮しているかと思うと、静岡すげーじゃん。それを任命した知事すげーじゃん。と思う。

しずおか国民文化祭」これに関わらせていただいたおかげで、この三年間、日ごろ触れたことのない発想の方に出会える。来年開催時には、同じように互いに刺激しあえる場を創出したいと踏ん張る気持ちに拍車をかけた充実した一日であった。

■芸術に携わる者の社会的役割
田村さんの言葉。「芸術は、人の心を豊かにするために不可欠なもの。しかし、その大切さがあまり理解されていない。芸術に携わる者は社会に対し、『なぜ芸術が必要なのか』を説く必要があります」
佐藤さんも挨拶で同じ事を言っていたなと、リビング静岡の記事を読む。
------------------------
■スタッフ餅(←ニックネーム)の言葉
今日はスタッフ4人で出かけた。私以外は2006年からスタッフになった30代女性3人だ。往復車中のおしゃべりが楽しい。現在OLのスタッフ餅。彼女曰く「活動には、OL生活では味わえない、体験できない楽しさがある」←これは直接的には他の団体に入会した感想なんだけど、スタッフ餅のように30代の若い女性が、週末の一日をNPO(地域)の活動で使う。には、そこに魅力がなくてはならん。きっとフィルム微助人にもその魅力はあるんだと勝手に解釈しつつ、継続して魅力をもちつつ、あわせて目的を見失わないトップでありたいと思った。
微助人でこんなことしたいね。自分はこんなことならできる。こんな能力は足りない。お互いに補っていこう。という話ができたことも、今日の発表会という場の刺激があったからだと思う。パソコン前での活動、会議のみだけでは出てこない発想、会話だったとこの機会にまたもや感謝です。



skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。