FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■トヤマグ すごいことになっている 

何年前だろう?8年はたっていないよな。

中心市街地の活性化を考える「TMOぬまづ」で委員をしていたときに、先進地視察で「富山市」にでかけた。そこで感動したのは「トヤマグ」。若者が面白い展開をしている。それを支えている商工会議所の職員も発想がすんばらしい。帰ってから数年間、トヤマグや空き店舗利用のショップで出会ったCD販売する男の子とメールやりとりをしていた。つい先日まで、トヤマグは数年間私の目指す住民参加型(特に若者)の組織(組織というかHPの運営?トヤマグ実店舗もすばらしい)だった。

今日、仲間にこういうHP参考にしたら?と話をするに「トヤマグ」HPを見てみた。
ずいぶんとリニューアルされ、昔見た感動のページはなくなっていた?(見つけられなかった?)
http://www.toyamagu.com/

この感動のHP運営をしているのは、フレーズ社さんだそうな。
今年取り組む補助金事業では、こういうHP運営ができる事業者さんがいたらいいのになー。打ち合わせができる距離、沼津周辺でいたらいいなー?
http://www.hoorays.jp/


■トヤマグ&フリークポケット(空き店舗利用)のどこに感動したか?
大昔に、視察レポートを書いたのが見つかったので、コピペ
2002年の視察だったから、7年前か。読み返してみると、生意気で恥ずかしいが、こんな街に住みたい。こんな街にしたい。の夢は、今も当時も変わっていないことに、ホっとする。「面白い事をやっていたら人は集まってくるはずだと信じています。」という彼らの言葉がイイよね


富山「フリークポケット」視察 レポート 2002.11.12 金子
---------------------------------------

2002/11/12(火)
視察ポイント:1号店フリークポケット・2号店西遊房・中央通り・総曲輪通り

ミニ・チャレンジショップ発案者 韓国雑貨チング 竹嶋妹さん・メモ
Q.独立開業にあたって、運転資金や内装費の調達及び家賃の割引等の優遇処置はあるのか
A.一切ない。内装費は、知り合いの大工さんに頼むなどして手つくりでお金をかけずに店舗を作る。フリークポケット開業時代に顧客をつかんでいるので、独立開店と同時に顧客がおしよせているので、運転資金等の心配はいらない。運転資金の調達に、人によっては夜間アルバイトをするなどして集める。いずれにせよ、開業にあたってオーナーがやる気がある。

Q.仕入れはどうやって情報を得るのか。
A.フリークポケットの仲間から情報を得ることができる。

---------------------------------------
TOOLATE オーナー ・メモ
Q.売上はどのくらいありますか。
A.今日は通販と店売り合わせて、100万です。たまたまだそうが、繁盛しているらしい。

Q.オープンして何年ですか。この立地は良いですか。
A.3年。忙しくて引っ越すことができない。

※日本で最初のスノースクート販売、情報提供サイトを運営している。店前通路ではスタッフ二人が出荷で忙しいそうにしていた。

http://www.toolate.net/snowscoot/index.html

■通販で売上があっても、店頭に顧客が来なければ街のにぎわいには繋がらないという意見があったが、店内の作りは、オフィスといったものではなく店売りの機能も十分果たしている。またサイト上にあるショップポリシーをみる限りにおいても通販のみに孤立していない。仮に通販のみだとしても、納税には貢献していることでしょう。スノースクートという新しいジャンル普及のため、イベントやプロモーションビデオを日本ではじめてプロデュースするなど、販売と同時にスクートを一つのカルチャーにまで昇華させることが出来るよう頑張られている人材が富山にいることに注目したいと思う。

---------------------------------------
フリークポケット 店内・メモ

「024」衣料品・レコード 大西さん・メモ
■販売されているレコードはクラブシーンでも少数派が好むジャンルであるが、富山市内大規模クラブ「mario」(800人収容)スペースでのイベントのオーガナイズ、自らVJ(ビデオジョッキー)として立ち、また取り扱うスピーカーメーカーとジョイントしてのイベントをコーディネートするなど、彼のネットーワークをつかって夢を着実に形にし若年層を盛り上げていると感じた。店内には、クラブイベントのフライヤーが多数置かれていた。 
http://www.mairo.com/club_pc/top.html

---------------------------------------
CAFFE*DECO(カフェデコ) 喫茶  金子さん・メモ
唯一飲食を扱っている。
■沼津でいうなら、上本通り「ロータスカフェ」のようだ。ひと味違う喫茶を楽しめるお店が街のなかにあるってことだけでも、私たちの生活を楽しませてくれる大きな要素だ。

---------------------------------------
トヤマグ ポストカード 太田さん・メモ
富山唯一のポストカード専門店。1000のアイテム揃い。

■私が気に入ったものは、広告代理店に勤めるという21歳の女の子が撮った写真を使ってのオリジナルポストカード。富山市中心地の何気ない写真とともに、町名などが入っている。裏には地図あり。自分の街がおしゃれな写真におさまり、ポストカードとして人に贈ることもできるアイテムになってるなんて、何て素敵。と思うのは私だけ?街の再発見と百回口にするより、ポストカードにしてしまうところが、感動モノです。「みなと商店会」でも作ってしまいましょう。

---------------------------------------
<トヤマグって何?>
http://www.toyamagu.com/
「center ring」をコンセプトに、NPOトヤマグネット実行委員会が中心となって運営管理するトヤマグドットコム。NPO主導で行政やTMO、各商店街と協力し、ITの活用、市民参加によるタウンガイドやSJでの中心商店街の活性化と、中心商店街だけの情報を取り扱うメディアづくりを目指しています。

<富山市中心商店街の情報サイト「トヤマグドットコム」コンテンツ>
ショップインフォ/中心商店街の各ショップや私設がいつでも情報発信できます。タウンボイス/まちづくりに関してやショップ・商品探しなど、誰でも自由に書き込めます。フロムトヤマグ/広報やイベント案内、街のこぼれ話や関連リンクを紹介します。タウンウオッチングフォト/中心商店街の風景をスライド。イベントやプレゼント告知も。中心商店街トヤマグマップ/市が制定した中心商店街重点地区のマップを独自につくっています。月間アクセスランキング/マップのアクセスカウントにより集計して毎月発表。ファッションまるわかリンク/200以上のファッションブランドのサイトをリンクしています。トヤマグ食べつくすぞ!伝説/飲食店を独自に取材。おすすめメニューを紹介しています。ショップアイドルフォト/気になるショップの気になる店員さんを取材。写 真集で公開中。

---------------------------------------
■トヤマグはすごい。ナニがすごいって、サイトもプロの作りだが、「中央通りをどこまで歩くか?」「総曲輪WIZ復活するなら何が目玉?」等のアンケートをサイト上で実施、アンケート結果の掲載ももちろんのこと、独自で各店舗を取材、その紹介の仕方も一風変わっている。また、SJ(サイトジョッキー)と称するボランティアスタッフをサイト上で募集し、掲示板等での市内外からの質問にSJが答える形式をとっている。SJは自分の知っていることを掲示板に書き込む。おいしいお店の紹介から、観光案内などに対応すると共に、トヤマグを盛り上げる一助を担っている。富山市長も自ら企画に参加するなど共に活動している姿勢は、励みになっていることと感じた。これを自主運営している長谷川さんたち仲間がすごい。だれもが思いつくような理想を形にし、継続させ、ちょっと考え付かないようなアイディアを取り入れて、すぐ実行。「型にはまらない。自由な発想。自分たちが楽しいと思うことをやる」ことをせねば、と改めて感じた。
ホームページは作ったものの更新がなかなかできないようでは、サイトへの訪問客もつかめないまま終わることとなってしまう。
---------------------------------------
中田さん・メモ
60数人卒業、40数人が店舗をかまえ、10数人が閉店した。2店構えた人も3人居る。運営協議会の沢井さんが、フリークポケットの前に店を構えている。入店希望があっても、落とすことはある。現在6店舗と少ないが、入居審査に当たっては妥協することなく行っている。書類審査には、予め仕入先等も記述する必要がある。
融資は、紹介はするが、実際に使用したかどうかは、協議会では把握していない。家賃・融資金利の優遇処置などは一切ない。
融資・税務・会計・法律・店舗など年に5~6回の勉強会を行っている。
フリークポケットの運営、毎週の会議などは、オーナーが自主運営で行っている。自主的にファッションショーやダンスパーティーなどを開催している。開催の際、名前を貸すことはあるが、資金援助などはしていない。すべて自主運営で任している。
平成9年~11年は景気もよく、フリークポケットも繁盛したが、それ以降は厳しくなっている。現在入居しているオーナーは、苦戦しているであろう。
目下の悩み、いち店舗オーナーが一人なので、店を留守にすることがある。バイトを雇ったらともいえない。お互いに声をかけあってはいるようだ。

---------------------------------------
<参考資料>
「まちづくりとやま」
http://www.tmo-toyama.com/index.html

2002年11月3日更新 富山新聞
富山市中心商店街、空き店舗再び急増 大型店撤退後も埋まらず
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20021103001.htm

---------------------------------------
ミニチャレンジショップ募集要項

対象者 シニア層 若 者
所在地 西町商店街 中央通り商店街
契約期間 2年 1年
店舗使用料 15,000円/月 10,000円/月
※最初の3ヶ月は無料(敷金礼金などは一切なし)
光熱水費 15,000円/月 15,000円/月
営業時間 午前10時~午後7時 午前11時~午後7時30分
定休日 水曜日 水曜日
1店舗占有面積 約2坪程度 約2坪程度
選 考 書類審査と面接 書類審査と面接

---------------------------------------
11/13「トヤマグ」 の掲示板やりとり
SJアカネ [11/13 00:03]
かねこさん。書き込みありがとうございます。フリポケには、毎日のように県外から視察の方が来られて、そういう方達にトヤマグ・SJについて興味を持って頂けるのは大変ありがたいですし、フリポケでお店をやった意味があると実感しています☆県外で同じように街について考え、何かしようと思っている人にトヤマグを知ってもらうのもSJとしての仕事の大事な部分でもありますね。それに貢献できたこともうれしいです。そんなドットショップも金曜で終わり…と思うと色々感慨深いです。

---------------------------------------
11/13 のメール
フリークポケットは最初のチャレンジショップとして誕生してから5年目になります。独立された方も多く、中心商店街の空き店鋪がずいぶん埋まったと聞いています。
フリポケが出来た頃は世の中のマスコミがこぞって報道したそうで、そうですね、来店者が平日200人、週末500人という賑わいだったそうです。今現在はというと0を1つとったほどの来客者です。いろいろと問題もあります。
SJあかねちゃんが出た後、2階をラウンジにしようという計画があり、金曜DJ、土曜ライブといった週末のみのオープンで、カフェと連動させます。場所の事もあり、とがった事をどこまでできるかやってみたいなと思っています。今2人の入店希望者がいて、1人はアンティーク雑貨店、もう1人(友人のカメラマン)はギャラリーを始めたく安い値段のアートを売りたいそうです。
それから聞きました?富山市の森雅志市長さんと一緒に、来週の土曜日2Fで、「森シチュー」なるイベントがありますよ。
ながながとあーだこーだと書いてまいりましたが、面白い事をやっていたら人は集まってくるはずだと信じています。

---------------------------------------
感 想
富山市の商店街は、道路三車線とプラス路面電車、駅から中央通りは遠いなど広域的である。平日の昼前後の中央通りは、沼津・上本通りより人通りが少ないのには驚いた。中央通りには、食料品の店舗が少なく、主婦層が出かけられる店舗が少ないように見受けられた。

が、今回視察して得たものとして、
フリークポケットの店舗作り・商品アイテム。たまたまオーナーが共同でビルの壁を掃除しているのを見かけた。接客態度などを拝見させて頂いて、思っていた以上に開業に向けての意欲があることが伝わってきた。中央通りのはじっこまでにお客は来るのだろうか。商売なりたつのだろうかなどと欲張ればキリがないが、個性的な商品陳列をされている努力は感じられ、古い建物を生かした店舗作り、他店にはない目を引く看板等は、街に溶けんでいた。
若い世代が、今も継続して意欲的であり、何よりも4年間で30店舗独立開業、しかも資金的な援助なくしてということは、学ぶものがあると考える。
開業によって、そこに人が集まったか。賑わったかというと、実際のところ短時間で知ることはできないが、若い世代が、夢を形にして商いをしている。フリークポケットオープン当初の頃の賑わいはなくなった今も、ネットワークを築き、口コミによりイベントの開催などの自主活動を行える環境を自ら作っている事は注目すべきであろう。私自身は、商店街に人が帰って来ることよりも、若い世代が自分の街が好きになり、そこで楽しみたいと、強制でなく、自らが動きたくなる仲間つくりができていることが大事であると考えている。

スポンサーサイト

■準備中 したいこと 

補助金が4月に合否がでる。合否がでたら、すぐに実施をできるようにと準備を行っている。

この補助金事業は、8年間の活動で、お世話になった皆さんから頂いた膨大なアドバイスや地元資源ネタを活かす事業が核となる。

これまでは私はじめスタッフの頭のなか、パソコンのなか、メモのなか、携帯電話のなかに、皆さんが蓄積してきた資源ネタの欠片が入っている。欠片であって、すべてのネタを網羅しているわけではない。事業実施にあたっては、資源ネタをもっている皆さんに部会に参加していただき、企画、運営、実施までに参加を請いたい。

神社、寺巡りが好きで豊富な知識をもっているサポーター会員さん。ききっかじりの私が語ったところで薄っぺらだ。会員さんのバックボーン、実際に巡って見てきた体験からこそ出てくる言葉に説得力をもち、人は感動し、行ってみたいと思う。どこがどうすばらしいのか?詳細なディテール、パーツ、物語ひっくるめて、そんな知識と語りを、この補助金事業で活用し、会がたちあがった目的である、まちを元気にすることにつなげていく。

ロケハン時に、ただロケ地を見せるだけでは足りない。ここはどういう場所なのか?を良きタイミングで情報提供できること。場所に付随して、人、モノも紹介できること。

最近でいうと、我入道海岸。
「時間帯、時期、釣り客がいるのか?何人?→釣りの知識、」「ボートは出せるか?→ボート屋手配」「崖っぽいのがもっと欲しい→牛伏公園との間にある小さな海岸があると地元の方に教えてもらった」「海岸ごみ→自治会さんが片してくれた」「満ち潮→手帳を見るが実際の海みてコレと言えない」「砂浜の状態は?」
うーん、ちょっとつまらん例えだな。

桜並木探しなんていうと、ホント知識不足に情けなく思う。「説明」もさることながら「ほどよい語り」が理想。ありとあらゆるモノが対象になるわけだが、ひとりですべてを対応するのは超困難。(海外のフィルムコミッショナーを理想とするが)ここで、地元のみなさんが持っている蓄積した資源情報が重要なわけだす。これをストックして発信して、活かすことを目的達成手段の事業として掲げてきたが、網羅させることは途方もなく容易でない。

昨年、沼津市長と原田監督との広報ぬまづ対談を行ったなかで、監督と出会って10年来の宿題がとどこおっていることを再認識。再認識というか、毎日思っていて、過去3回トライしようと準備したが、ボランティアベースで情報網羅をさせることの難しさに断念をせざるえなかった。また日々のロケ支援に追われるなかで、合間の時間をそこに費やす人、モノ、資金と足りないものを背伸びして補うような。こればっかりは半端に手をつけられないと判断した。

8年間の活動のなかで、「こうしたい、こうすればこういう結果が得られる」と日々話し、活動し、活動のなかで得た結果をさらに人に話しの繰り返しを行ってきた。様々なお立場の方が支えてくださった。今回の12/5広報ぬまづ市長と監督対談のことも、翌日からいろんな人に話をしてきた。そのなかで沼津商工会議所さんの一人の職員さんが興味をもってくださった。日ごろロケ地探しで多大な協力をくださるのも商工会議所さんだ。会員が事業者である商工会議所さんが日ごろ業務で持っている情報は、宝の山である。紹介、アテンドしてもらった情報で何本ロケが成立しただろうか。何本パブリシティが打てたであろうか。何千万円の経済効果を得られたであろうか。(まー成立する。情報発信するまでにはスタッフの徹夜作業がなくては達成しなかったが)
今回の事業は、ロケ地探しや事業協力といったご支援ではなく、目的の根幹を成す事業。そこを興味もってくださったのは貴重。

あー話がずれてきた。

てなわけで、4月部会メンバーの募集もすぐ行えるよう、部会の権限、メンバー募集の方法、部会での事業の進め方といった細部の話し合いを近く行う。最大公約数のかたがたのニーズにあった部会運営ができるかどうか?もうちょっと時間をおいたら、意見をいただく会合もしたいなーと思ったり。その前段として、意見を出しやすいレジュメをつくらねば…。

大きく変わる!広く結果をだしていくための一年間となるよう、今が勝負!と意気込み中。


追伸:3/14・15あたりロケがあるかもです。もうすぐわかる。(予定)

筑紫さんお別れ会 沖縄 明日2月24日 

特派員時代から沖縄問題に取り組んでいた筑紫哲也さん。筑紫さんのお別れ会が沖縄地元の人たちの呼びかけによって明日24日沖縄で行われる。

■日時 : 2009年2月24日(火)
       第一部  「お別れ会」 午後4時~7時
       第二部 うた供養・語い供養 午後7時開演(開場午後6時30分)
■場所 :  那覇市民会館大ホール   ~入場無料~
■主 催 :  「筑紫哲也さんお別れ会」実行委員会
         事務局 〒900-8678  那覇市おもろまち1-3-31
         沖縄タイムス社・タイムス女性倶楽部内

なお、お別れ会開催にあたり、協賛金を募っております。
詳しくは琉球放送
「ありがとう筑紫さん」お別れ会 協賛金ご協力のお願い HPをご覧ください

http://www.rbc-ryukyu.co.jp/extraabout.php?ABOUTshinobukai

■11月~2月の活動はこんなんで… 

ロケ支援と補助金申請をメインに。牧の原景観。滞った本業仕事をおまけに。没頭中。明日は定例会。

まとめて活動報告

11/17・18 ■ 静岡県「NPO活動推進自治体フォーラム静岡大会」グランシップ
11/21(金) ■ 支援者とフィルム微助人を考える集い
11/22(土) ■ ろうきん「NPO棚おろし塾」会計講座
11/24(月) ■ しずおか国民文化祭 静岡 創造支援工房委員会 審査会
12/2(火) ■ 原田監督を囲んで食事会
12/5(金) ■ 広報ぬまづ 沼津市長VS原田監督対談
12/6(土) ■ ろうきん「NPO棚おろし塾」会計講座
12/7(日) ■ 静岡県「協働推進ファシリテーター講座」パレット
12/17(水) ■ 沼津市中心市街地活性化協議会 設立総会
        ■ 沼津市 打ち合わせ
12/19(金) ■ 沼津市景観懇話会
12/21(日) ■ 忘年会
         ■ 正会員 露木しのぶ 結婚式
12/22(月) ■ 打ち合わせ
12/25(木) ■ 静岡県商工連合会 沼津商工会議所と打ち合わせ
12/26(金) ■ フリーペーパー打ち合わせ
1/8(木) ■ 沼津市 打ち合わせ
1/10(土) ■ 第8回役員会
1/14(水) ■ しずおか国民文化祭 沼津 映像委員会 プレゼン審査会
1/16(金) ■ サポーター会員 と打ち合わせ
1/17(土) ■ ろうきん「NPO棚おろし塾」 認定NPO法人講座
         ■ 支援者とフィルム微助人を考える集い
         ■ 第8回定例会議
1/21(水) ■ 沼津市中心市街地活性化協議会
        ■ 補助金 打ち合わせ
1/22(木) ■ 蒲原商工会 訪問
1/23(金) ■ あざれあ新春交流会
        ■ デジタルコンテンツグランプリ 審査会
1/25(日) ■ 栗原ひろやす市長 新春の集い
1/31(土) ■ 静岡県「協働推進ファシリテーター講座」静岡
2/3(火) ■ 原田監督 ブルーリボン賞受賞 花贈呈
2/4(水) ■ 福祉プラザ 喫茶コーナー運営申し込み
2/6(金) ■ 静岡県 牧之原茶園・空港周辺地域景観協議会 現地視察
2/10(火) ■ しずおか国民文化祭 沼津 映像委員会 プレゼン審査会
       ■ 補助金 打ち合わせ
       ■ 補助金 打ち合わせ
2/11(水) ■ 補助金 スタッフ 打ち合わせ
2/14(土) ■ ロケ「NHK」愛鷹 内ロケハン
2/16(月) ■ 牧之原茶園・空港周辺地域景観協議会 現地点検 講師
2/17(火) ■ ロケ「TBS」ロケハン
       ■ 補助金  打ち合わせ
2/18(水) ■ 補助金  打ち合わせ
2/20(金) ■ 原田監督 アカデミー賞受賞 花&電報贈呈
2/21(土) ■ 前沼津市長 斎藤衛氏 慰労会
       ■ 第9回定例会
       ■ ロケシンブン!ハイパー号 完成

■静岡景観賞 土木遺産 

牧之原現地見学で覚えたこと

■静岡景観賞
都市計画室の若い男性スタッフは、週末になると県内を車で走らせ良い景観を探しに行くという。微助人の活動の一つのテーマに、いい景観、古い建物をどう残して活かしていくのか?がある。「いいと思っているだけではダメ」で、「ロケで輝かせるでもダメ」もっと大きなムーブメントをもたなくては…。と日頃解決策を探っている。今年行う事業では、ロケではまだ使っていないが、「これが素晴らしい」をアピールする事業をやりたい。と準備している。勉強不足であったが、静岡景観賞は21年間も続いているという。この賞をどう考えてやっているのか?というスタッフの顔が見えると、ぐっと親近感がわく。ただやっているのではなく、思いが伝わる。こんな身近に仲間がいたんだ。と勝手に思いながら…。近く活動に反映させたいと思った大きなヒント。

http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-510/H19toshikeikansyo.html
静岡県/第20回都市景観賞受賞地区

■土木遺産
昨年、沼津商工会議所が主催する元JR東海初代社長の須田さんの講演会で「産業遺産」「産業観光」という言葉を知った。今回は「土木遺産」というジャンルがあることを知った。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%9C%A8%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E9%81%B8%E5%A5%A8%E5%9C%9F%E6%9C%A8%E9%81%BA%E7%94%A3
土木学会選奨土木遺産 - Wikipedia


http://www.civilnet.or.jp/isan/
「土木遺産を巡ろう」

http://www.qsr.mlit.go.jp/n-isan/
国土交通省 九州地方整備局|九州の近代土木遺産

http://www.cgr.mlit.go.jp/dobokuisan/
中国地方の近代土木遺産

http://www.qscpua.or.jp/dobokuisan/index.html
土木遺産in九州-TOPページ

http://www.jcca.or.jp/kaishi/242/242_contents.html
土木遺産VII 文化の礎を育む技術の結晶

■産業遺産
http://sangyou-db.jst.go.jp/
産業遺産ナビゲーター

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%81%BA%E7%94%A3
産業遺産 - Wikipedia

http://www.ied.co.jp/isan/sangyo-isan/JS-menu.htm
日本の産業遺産

http://www.city.kawasaki.jp/28/28kikaku/home/isan/index.htm
川崎市産業遺産TOPページ

■近代化遺産
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E5%8C%96%E9%81%BA%E7%94%A3
近代化遺産 - Wikipedia



■茶園景観と静岡空港 

3月、茶園景観の保全と空港開港に伴う魅力の継続~牧之原に眠っている宝物に気が付いて~というテーマでシンポジウムに参加させていただく。うんで2月にワークショップをやる。うんでその前の現地下見に静岡県都市計画室のみなさんと観光学博士の大久保あかねしゃんと昨日出かけた。

この日のために、デジカメの新しい充電器を購入して…。

■牧之原周辺景観
日頃ロケ支援で見てまわっているのと、島田在住の元スタッフに教わってきた多少馴染みのある土地をぐるぐるっと車で回る。目新しいものは、「棚田」「スズキ工場」。
どうやら、具体的な目的をもって街を見ないと、触手が伸びないようだ。ロケ支援時、民家を探せば、民家に目がいき、茶園を探せば茶園に目がいく。「いい景観探し」という漠然とした見方は、元来アンテナや感度が低い私には、いいものを見つけるのは難題。その代わりといっちゃーなんだが、吸収力が高いと思うので、他人が「これが素晴らしい」と言うと、感化される。
ロケ支援でも、どれがいいのかわからんが、数で勝負する。うんでそのなかから制作者が「これがイイ」となれば、「なるほど、こういうイメージをしていたのか」とその良さにようやく納得をする。数を見ていただけに…。そんなわけで、人の感覚って似たようなもんじゃなかろうか。眠っている宝物に気づくって難しいよなーと思いながら回った。
P2060591_R.jpg
P2060573_R.jpg
P2060565_R.jpg
P2060555_R.jpg
P2060487_R.jpg


■空港
工事中の空港を拝見させていただいた。大昔、タウンミーティングやらで知事の前で空港について意見を述べさせてもらったことを思い出しながら、今取り組み真っ最中の補助金申請で行いたい事業を思いながら目の前の重機を眺めた。交通アクセスが気になるところだが、どう活かすことができるのか?自分に何ができるのか?などと…。
P2060509_R.jpg
P2060506_R.jpg
P2060548_R.jpg


■石雲院
展望台脇にある石雲院。周辺の階段や多い茂った森の雰囲気、彫り物が素晴らしい建物であるが、ガラスが全て近代的なサッシとなって残念。寺院の駐車場にバスをとめ、脇道を歩くと、展望台にぬけられる。昨日も(2台分のバス)多くの視察者がいた。

http://www.sukima.com/13_ooigawa0102/01sekiunin.htm
石雲院(静岡県榛原町)
P2060531_R.jpg
P2060534_R.jpg
P2060537_R.jpg

久々に、画像のせた。

■第51回ブルーリボン賞 原田眞人監督作品 クライマーズ・ハイ 

1月14日今年のブルーリボン賞が発表された。東京スポーツ7紙の映画担当記者(主催:東京映画記者会)が選出する賞だから、作品賞に選ばれたこと、非常に嬉しいね。

作品賞:「クライマーズ・ハイ」
助演男優賞:堺雅人「クライマーズ・ハイ」「アフタースクール」


で、今日は2月3日(火)、授賞式だ!

授賞式には、作品賞に選ばれた作品が上映されるという。
東京・銀座ブロッサム中央会館には、フィルム微助人有志からお祝いの花スタンドを贈る。いつもなら別の形でお花をお届けしていたが、今回はそれがなくなったので、どうしたもんかなーと思っていたら、スタッフの声かけからはじまって、助成金申請で知恵を貸してくださっているサポーター会員さんが賛同し、先月末結果サポーター会員皆さんにお声をかけさせていただくこととなって、お祝いしよ~!の20名近くの有志が集まった。とてもありがたい。

続く、日本アカデミー賞授賞式も楽しみだ。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。