FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■やったー!今年はやるぞ! 

ブログにアレ書こう、コレ書こうと思いながらも、でけてない(涙)

・昨晩24日、採択合格の一報が届いた。
 とどこおっていた、企画実施を一緒にしたいメンバー募集やらボランティア募集のチラシ、たたき案をデザインしはじめる。

・おととい23日は、ジャパンフィルムコミッションの設立総会。
 毎回、会合では全国に仲間がいる。世の中は進んでいる。「国の戦略に乗り遅れるな!」と息をまいて帰ってくる。だども地元の現実は、ロケに限らずだども、20年遅れをやっている。

・会合のあとは、懇意にする東京仲間たちと、沼津や静岡の遅れをどうやったら解決できるか?アドバイスをもらった。東京にでかけると、いろんな広告がいっぱいで、今回の事業の参考になろうであろう柔軟な想像力がわいてくる。ニュージーランド観光のポスター「元カレよりニューカレ」さすがやねー。こんなノリのキャッチで、今年の事業をやりたいもんだ。

・今日25日は、事業の下見をやろうと準備してきたが、大雨予報ということで、昨晩急遽延期を判断した。当初は、朝6時スタート。静岡、焼津から来るメンバーは何時起きするんだよ?ってな具合に、みんなこの事業に気合が入っている。

・30日は、静岡メンバーが沼津入りで、ミーティング。それにあわせて、宿題をこなしておこうっと。
・5/9は、全体ミーティング、それまでに、更に目に見えてわかる形の書面を用意したい。


これでようやく、微助人の支援者さんにも、案内ができる!とも思っていたが、そうは簡単にいかなかった。もうちょっと調整をしてからの案内だな。忍耐、忍耐。と言い聞かせる。

スポンサーサイト

■ロケハン中 

先日、2009年度事業の下準備で、これまでお付き合いのある映像制作者の方々にアンケートのご協力をお願いした。5日はアンケートをもとに、喧々諤々、どういうモノを作るか。推敲をかさねた。

うんで、アンケートにご協力いただいた方から、先日早速電話をいただいてオファーが入った。今回は、新しい事業を一緒に支援してくださる外部の方々にもご協力をいただいてロケ地探しを行い始めた。

やりたいことと、できること、できないこと、大きな壁に朝夕めげながら。



やりたいけど、できないことのなかに、新たな一歩を踏み出さないとどうにもならないことがある。

今年の目下の目標は、有償スタッフをどう雇用するか?だ。
・ルーチングワーク的な事務方と
・映像制作の支援ができ企画運営ができる人間と別物だと思いつつも
スタート時に、二人のスタッフを雇用する課題は大きい。

おととい、長泉にロケ行った際、スタッフの仲間である民間公共団体の事務職員さんにお会いした。優秀だなーと瞬間おもい、どんなツテでお勤めしているの?前職は?などと尋ねた。世の中には、こういう方がいるんだよなー。と、目の前にして感じる。パートタイムで二つの業務を兼務することもできるんじゃーなかろうか?などと期待の予測。

本来は、条件や環境なりを整えてから人の募集をするもんだが、なかなかその一歩を踏み出せない。イイ人が身近にいるから、ぜひ雇いたい。あなたなら、こういうことができる。できるから安定した収入を確保できる。雇用ができる。とならんかなーと模索中。

あー頭いてー。

■サポーター会員の皆さんありがとう 

フィルム微助人は年度は3月まで、4月から新しい年度がはじまっている。
うんで、毎年2月になると、サポーター会員さんへ会費ご納入の案内を流す。仕組みを作ってから事業報告書やら、総会などNPO法人になってから6年目、ようやく慣れてきた感のある一連の流れ。

スタート当初は、振り込み料金の安い郵便振替を利用していた。一昨年から銀行振り込みも導入した。両者メリットとデメリットをあわせもつ。

銀行振り込みは、通帳やネットで入金をすばやく確認できる。
郵便振替は、郵便で入金がわかる。

通常郵便は、事務局スタッフのところへ届くが、郵便振替はおいらの家に届く。毎日10数通の郵便物を溜め込んではまとめて袋を開封するおいらのせいで、郵便振替の入金チェックが滞る。(ぺんぺん)
開封し、「おー!○○さんからだーありがたいー」と歓喜し、スタッフに入金の連絡をメールする。うんで、担当スタッフが、入金確認のお礼メールを発信しする。という流れ。

郵便振替は、事務局住所を変更した一年は、封筒が前の事務所に届くなどの誤配も多数あって、入金があやふやになる。銀行のように通帳で管理ができないから、振り替え用紙が紛失してしまうと、誰からの入金だったのか?を確認ができない。
だども、手書きの用紙がついてくるので、サポーター会員さんの顔が見える気がして、うれしいのは銀行サービスにはないものだな。

そうやって、毎年この時期は、ごぶさたしちゃっているサポーター会員さんとの出会った頃の思い出を回想しながら、日夜入金処理を行っている。このところ、へこたれることも多いので、夜中パソコン前で入金あったよーとスタッフにメールを送るたびに、「おっしゃ!今日もがんばろう!」と元気になれる。

■着々と進む 第三回会議終了 

新たな事業、採択前だが、採択されたらすぐに始動できるよう準備をしている。
何分一年間の期限がある新しい事業への取り組みなので、検討する。準備する項目数は大きく、前例もない項目もあるので喧々諤々、意見を交わしながら進めている。

これまでは、サポーター会員さんを中心として会議を2回やった。サポーター会員さんといっても、互いにはじめて会う方ばかり、私もロケにまつわる会話はしたことがあっても、事業運営で意見交換や共に進めていくのははじめての方ばかり。そいでも、「まちを元気にするためには何かしなくちゃいかんやねー」と集まる目的があるから、あんど、各々が地域のことを日ごろから考えて行動しているから、一回の会議での検討、決定することも早いこと。

採択後には、はじめて出会う多くの方のお力を借りていきたい。
うんで4月5日の会議は、採択前だが、「地元を元気にしようよ」という声かけのもと、仕事がら事業に必要な分野のエキスパートにもご参加いただいた。会うのもはじめてだが、地元のどこをどうアピールしたらいいか?とすぐに打ち解ける。次回全体会の前には、事業別の会議も入った。

ある事業の(仮)メンバーは、沼津出身者は金子ともう一人。他は静岡市、焼津市、転勤で1年前に沼津に来た方。こうやって会ったのもはじめてだが、25日(土)には、原から戸田まで、一日かけて現地下見をしようとなった。集合時間は沼津に朝の6時。話が早いっ!10カ月後に本番を予定する事業。

不安なこともたくさんあるが、事業をきっかけに、はじめて出会う方々と共に汗を流せることにワクワクしている。一ヶ月後には、どんな動きをしている自分がいるだろうか?予測つかん。

■2009しずおか国文祭 ぬまづ 映像 

今日は国文祭会議(沼津市の方)だった。

明日から募集開始の「富士山映像コンテスト」のチラシも頂いた。
6日以降にプレスリリースがでたら、ホームページもお目見えするという。

静岡県の方の映像文化フェスティバル 映像作品募集はスタートしているね
http://kokubunsai.pref.shizuoka.jp/campaign/entry/eizofestival.html
■審査員さん
別所哲也/ 俳優、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア代表
野中真理子/映画監督
山本起也/ドキュメンタリー映画監督
LiLiCo/映画コメンテイター
佐野典秀/映像文化委員会委員長、静岡産業大学情報学部教授(工博)

沼津の募集もお楽しみに~

■準備の準備 

今年度事業の前準備中

事業の要となるモノづくりに、映像制作者の方々にアンケートのご協力をお願いした。
もうかれこれ5年もお会いしていない方々からもご協力いただき
「あーやっぱりそうかー」「えー、それ必要なのか」と為になるアンケート回答をいただき、イメージを膨らましている。


発信してからまだ二日目なのに、多数のご回答をいただき喜んでいる。
あんど、励ましや応援のメッセージもいただいて
こんな夜中の一人作業にも、元気が出てくる。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。