FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■もうすぐHPもオープン ハリ!プロ 

昨日は、二つのロケ支援。今回はハリ!プロのメンバーがすんげーサポートしてくれたので、涙、涙です。成立するといいなー。5日間貸してくれる高校探してます。作品おもしろいと思う。

あさって土曜日は、部会会議です。
27日(土)13時~ 金岡地区センター サポーター会員さんのご連絡まってますよーww
新しく部会メンバーとして会議初参加するのは、今のところ3人。全部で30人ちょっとの会議の予定。

しあさっては、JCで、仲見世等で開催するイベントです。こちらも楽しみです。おいらは、受付係。

月曜日は、学校ロケハン。

今日は、いろいろやって、最後は、HPの修正原稿をまとめました。

はやく、実行委員さん顧問のみなさんにお礼のメールと、気軽にご相談をさせていただくためのメーリングリストを設置したいです。


てなわけで、もうすぐハリ!プロのHPがアップします。
現在は、まだこないな感じです。

■ハリ!プロ公式サイト、 準備中。近日中にアップっす。
(印刷前のチラシを載せているのみ) 亀のあゆみーー(涙)
http://www.hollypro.jp/


スポンサーサイト

■ハリプロ 会議 次回は 6/27(土)です 

まだ、ホームページで戯言を書くスペースが用意できていないので、このブログに記しておく。

■平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクト             
「さぁ来い、ハリウッド!大作戦」ロケでまちが元気になるプロジェクト

あまりに長い事業名というか、プロジェクト名なので、短くしています

通称 「ハリ!プロ」と…。


■ロゴ もできた
ハリ!プロ ロゴ 1
ハリ!プロ ロゴ 2

■ロゴデザイン
静岡の823designさんのかっちょいぃーデザインで、事業スタートすべりだしに勢いがつきまっす!
http://www.wa.commufa.jp/i823/index.html

■次回部会会議は…
日時:2009年6月27(土)13時~17時 全体会
    終了後 ロケーションライブラリー部会&ツアー部会
場所:金岡地区センター
議題:各部会からの報告、検討
    予算確定 などなど

これから、実行委員会メンバーにもお誘いしつつ、サポーター会員さんにもメールにてご案内する予定。27日は、ここから初めて参加する方が今日時点で、5人位いるのかなー。人の紹介といった形で、お客さんでなく、一緒に「走りながら考える」「考えながら走れる」仲間を募っているところです。

■しずおか国文祭 創造支援工房の事業はどこで広報されるのか? 

あれほど、「国文祭、国文祭」と騒いでいたが本番の年になって、県民の委員はかやの外。かたや「協働、協働」と行政はさわぐが、「協働なんてみじんもない」

おとなり横浜開港150周年は、「協働が成立している」事業でうらやましい。

で、去年までの2年間ほど、積極的に関わっていた「創造支援工房」という県民がエントリーできる事業があったのですが、しずおか国文祭のHPをみても、各事業が掲載されていない。のがこれまた残念。

「応援イベント」という各市町や県民がエントリーできる事業は、HP掲載されている。補助金だして、これじゃーもったいないよね。創造支援工房で考えていた、各団体が力をつけて、加速させよう。なんていう何回も議論したテーマやポイントは、絵に描いた餅になったわけだ。

あー愚痴っぽいね。いかん、いかん。

先日、委員さんから電話があった。その後、そっちの国文祭はどうですか?どうやら、委員会が崩壊しそうになって、奮闘している模様。電話口から熱気が伝わってくる。
あきらめモードに入っていた自分に気がつき、これじゃーいかん!なんとかせねば!と自分で自分の尻をたたいたばかりじゃん。(まずは、一年近くかやの外の県内外の委員さんに連絡をとり、召集をかけた?かける?)

できることからやんなきゃね。

■しずおか国民文化祭 応援イベント一覧はこちら
http://kokubunsai.pref.shizuoka.jp/assist/ouen_event.html

■しずおか国民文化祭 創造支援工房 エントリー事業 一覧は
 もうすぐ、きっと、いつか?このHPに掲載されるのでは?
http://kokubunsai.pref.shizuoka.jp/sponsor/entertainment/city/en_280.html


フィルム微助人は、2000年伊豆新世紀創造祭を契機に誕生した。
市民活動は、こういった大きな事業で、力をつけていくし、仲間をみつけることが容易になる。
だから、47年に一度しか回ってこない、文化の祭典、しずおか国民文化祭にはとてつもなく大きな期待を寄せている。国文祭をきっかけに、来年、再来年と、静岡には、力をつけた仲間が楽しいことをやっている。と信じて!
(事なかれ主義で生きたいけれど、誰かが「それでいいの?こうしようよ」と言わなくては(行動もして)、何も変わらない)(行政と民をつなぐ企業が、静岡には必要だ。協働先進地横浜にはある。)

文化がなくては、観光はない。観光があるから産業もおきる。文化命!

■「さぁ来い、ハリウッド!大作戦」ロケでまちが元気になるプロジェクト スタート! 

ようやく18日、新たなプロジェクトが始動しました。これで公に情報公開ができます。

平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクト             
「さぁ来い、ハリウッド!大作戦」ロケでまちが元気になるプロジェクト

このプロジェクトは、沼津商工会議所が主体者となり、映像ロケを沼津近隣に誘致し、沼津市を中核とした、富士箱根伊豆地域の観光資源を内外に強力に発信するために、「沼津をロケにやさしい街」につくりあげていく観光開発事業であり、具体的には、富士箱根伊豆エリアのお宝ロケ資源(ロケ地、名勝地、伝統行事など)を、ロケーション・ライブラリー(ロケ資源を集めた電子図書館)にまとめあげ、さらに、映像制作関係者を招いてのロケ地ツアーや、ロケ弁(ロケ向け弁当)コンテストなどを行います。


と、ここまでコピペして。あー時間だ、今夜はフィルム微助人の総会&定例会。
いってきまーっす

■地域資源∞全国展開プロジェクト スタート! 

ようやく、ここまでこぎつけた!
ってか、第一回実行委員会の開催だから、スタート地点にたっただけだけど。

ということで、明日18日は、地域資源∞全国展開プロジェクト
「さぁ来い、ハリウッド!大作戦」ロケでまちが元気になるプロジェクトの第一回実行委員会が開催されます。

これから、HPやチラシなどができてきます。明日は知事選の公示日だけど、どれだけマスコミの方がきてくださるかしら。今回は、いつものような丁寧な仕事ができていなくて、歯がゆいっすが。お待ちしていまっす。

実行委員や顧問の方々は、東京からもお越しいただきます。ありがとうございまする。ぺこり。



それと、今週土曜日は、微助人の定例会でもあり、総会でもあり。準備、準備、準備、準備…。

昨日、誕生日でしたが、サポーター会員さんからのお祝いメールで、気がついた。あー年とっちゃったねー。物忘れヒドイったらありゃしない。




■持ち出しか?持ち寄りか? 

このところ「金子さんは、何のためにこんなことしているんですか?」と頻繁にたずねられる。

東京では当たり前だったことが、沼津では特異とされる。もう慣れっこだが、ここ5年は活動仲間も増えたからこんなことを聞く人も減ったが、ここ一ヶ月、二日に一度聞かれるのだ。


相手にあわせて、わかりやすい答えをさぐりつつ、答えるわけだが


なんでこういう質問が、こうも多いのだろうか?自問自答

それほど少なくない数の人が
1)「目の前でおきる問題に、何とかしなきゃ」と思うことは、よくあることだと思う。
 で、思うことは簡単で、おもってりゃーいいんだけだども、

2)次に、「何とかしなきゃ」をアクションにおきかえよう。と人は行動する。
 ここで、思う人が、全てに行動する人に置き換わるわけではない。
 数はぐっと少なくなる。

3)で、一人じゃーできないことがあれば、誰かの手をかりる。
で、仮に何とかしなきゃ。が、皆の力をかりて、それで解決するとする。
その解決までのプロセスに、「もっとこういう世の中になったらいいのに」といった理想や夢、はたまた困っている人の話を聞いたり、がんばってよ、もっとこうなったりいのに?なんて他人の夢も背負わされちゃったりする場面に出くわすわけだ。

4)まじめにやっていくと、簡単には物事解決しないから、それを1回の打ち上げ花火で終わらせず、2回、3回とやっていく。

5)で、突き詰めて「よのなか、なんとかしたい」を解決していくと、組織も社会的に認めてもらわんとしなあかん。

6)で、今いる。だけさ。

おおざっぱに、なんでNPO法人なんていうものがあるかっていうと、
「よのなかを、なんとかしなきゃいけない」と思って、行動して、真剣に考えた人がいるからだ。
(目的の世の中になるために、必要な環境を整えなきゃ活動できん。任意団体では、動きにくいから、迫られて動きやすい活動を解決する一つの方法が法人格の取得。)


でも、こういう質問を「○○○活性化の市民懇話会」の主催者職員から言われちゃうと、悲しいよねー。君は、なんで、この会議を主催して、我々を招集しているの?って


で、タイトルにもどる。
「持ち出し」ではなく「持ち寄り」という言葉の違いを、書こうと思ったのに。
あーもどれない。仕事にもどる。

■西浦キネマ倶楽部と西浦とらららサンビーチと映画「119」 

昨日、プロジェクトの仲間と、事業の下見と調査をかねて、西浦にでかけてきた。

らららサンビーチと、レストラン井里絵さんお店で映画「119」の当時のロケの話をきいて、西浦地区センターで、西浦キネマ倶楽部の甲田さんにお会いした。

まー、興奮して帰ってきたんですが、
プロジェクトの仲間には、その感動を伝える時間をみつけられず、淡々と西浦がロケ地としてどう面白いか?を報告した。

明日は、再度下見にでかける。

おいらが、面白いと感動したスポットを、明日一緒に行く仲間にどれだけ共感を得られるか?が勝負っす。

亀島おもしろい

写真つけたいが、今日はまだもうひと仕事。

■興味しんしん VEGAプラス  

昨晩、というか今日の朝方3時、プロジェクトの打ち合わせで仲間と長電話。

6/28に沼津仲見世商店街周辺で開催する、所属する沼津JCで沼津版キッザニアのイベントについて話をしたところ、「おもしろいじゃん!わたしもそんな事業やりたいの」と彼女の夢をきいた。彼女は、英会話教室を経営し、子供たちに英会話を教えている。

「姪っ子は、学校でいろんな職業にふれられる授業がある」
「キッザニアも学校で3回もいったんだよ」
「中学生から自分は将来何になりたいか?を考えられるんだよ」

「でもさ、静岡ではそういう授業や体験できる機会ってないよね」
「経験なくしては、将来を考えるっつたって無理だよね」

うんだ、うんっだ。



フィルム微助人の活動でも、子供たち、学生たちがエキストラという形で、監督さんや照明さん、衣装さんに女優さんたちと、ともに作品を創るという場に関わることができる。バラエティ番組、娯楽番組を作る裏方の、真剣勝負の仕事場で多くの参加者が感じることは。
「こんなに真剣に撮影をしているなんて知って驚いた」
「なまはんかな気持ちで女優になりたい。って思っていたけど、もっと勉強します」
なんていう元気な声を聞けることが、活動を続けていこう!と思えるパワーの源にもなっていく好循環。

たった半日、一日だけども、体験しているのとしていないじゃー大きな違いだよね。


今回のプロジェクトでも、
ロケ地ライブラリーのなかに、誇れる地元の産業や技、仕事を人物がいる場所や製品を切り口にした紹介も行いたいと考えている。大人だけじゃなく、子供だって、「へー、地元にこんな仕事している人いるんだー。Uターンしてもいいよなー」と思ってもらえたら…と。

そんな思いのなか、「へーこんな仕事が静岡にもあるんだー」を人にスポットをあてて紹介している企業さんがいる。

■SBSメディアサービスさんの「VEGA+PLUSベガプラス」
http://vega-plus.net/
おーあの人もこの人もいるじょー。

■地域再生を考える「沼津市立静浦東小学校」
ご当地の静浦東小もご紹介されている。面白い試みをされている先生方のいる学校だなーと。こういう授業がある学校に子供を通わせたいと思う。ロケハンでも2度お邪魔させていただいている。学校から道路一本を隔てて、すぐ海。という素晴らしいロケーションをもつ小学校。
http://vega-plus.net/modules/School/

おいらも、一緒に再生を考える。ぞ

■超脚本塾塾生と21年度事業 

昨日、長時間の会議を終え、各部会は個別でミーティング。

おいらは、昨日から新しく参加したサポーター会員さんにお願いしたいロケ地ハンターの打ち合わせもかねて、ロケーションライブラリー部会とミーティングに参加した。

13時にスタートした会議もあっという間に19時。
「腹へったー」ということで、福祉プラザから近いラーメン屋「やくみや」にお連れする。

男女2名ずつの組み合わせ。
・おいらと、エキストラや微助人イベントで毎度手伝いをお願いしているサポーター会員さん(男性、5年くらいのお付き合い?)。
・迎えの席は、静岡市と焼津市から事業の立ち上げからかかわりをお願いしている男女。

この静岡&焼津組の二人に加わってもらったきっかけは、1年半前原田眞人監督作品映画「魍魎の匣」の静岡県プロモーションで、お二人に取材をしてもらったときからだ。
その後、沼津シネマサンシャインで試写会打ち上げなどを重ねた際に「金子さん、こうしよう!ああしよう!」というポジティブにハッパをかけられ、むくむくっと…「がんばんなきゃ!」パワーをもらった。

で昨年、とんとん拍子でハッパをかけられww、今に至るわけですが。

もともと知り合ったきっかけは2006年事業「原田眞人監督の超脚本塾」の塾生さんとして参加されたお二人。ラーメン屋では、「どんなプロットを書かれたのか?」と超脚本塾の話題で盛り上がる。
http://befilm.org/kyakuhon-jyuku.html
で、家に帰ったら、友人の「超脚本塾の成果ですね」というメールで気がつかされた。
「あーそうか!」と…。

超脚本塾をやっている最中は、この事業を来年も続けたいね。ステップアップの事業もしたいね。と皆さんからご意見がでていた。事業が終わって、何らかの形でつなげられないか?と県庁にも足を運んだ記憶がよみがえってきた。「あーそうだ、そうだ」
その後、しずおか国民文化祭の事業でも事業案を提案したが、NG。もがいていた自分を思い出す。

今月はじめ、本事業(制作者が求めているロケーションライブラリー構築)が必要だ!と10年前に金子に教えてくれた原田監督のもとへ、実行委員会アドバイザー参加のお願いにお邪魔してきた。「脚本塾の塾生2人がコアメンバーで参加している」ことを伝えると、監督が喜んで楽しみにしてくれた。「ほー、○○くんも参加するんだね。二人とも優秀だから…」と。


事業エリアは、どうしても沼津市近隣となる。会議は毎度沼津。だども、脚本塾の塾生二人は、静岡&焼津から月に数回かけつけて、ときには夜中1時までミーティングをする。
こんなご縁に繋がるとは、三年前の脚本塾開催時には、予測はできなかったな。ありがたやー。

5月末に彼らとでかけたロケハンツアーの下見の昼食会場では、
映画「伝染歌」のシネマサンシャイン掲示物を二人に見せ、「ほらほら、ここの記事みて!茨城から参加した脚本塾塾生の○○さんの手土産納豆チョコとエキストラとしての迫真の演技写真みてよ」などと盛り上がった。


というわけで、脚本塾塾生の皆さんにも、本事業の参加を呼びかけなきゃ。メルアドどこいったかなー?さがさなきゃ。どうぞ、このブログをご覧の方で、ご関心のある方(何に関心あるんだよってか?)は、お気軽にお問合せをー。

昨日その二人に、事業計画を確認したところ、ロケ地ハンターさんを対象にしたセミナーでは、実際にどういった場所がロケ地になるか?写真を撮る体験セミナーもやる。とのこと。面白そうです。アイディアを着々と現実へ形とする。(コレってできる人少ないですよね)
事業の運営、実施をすすめながらも、関わるメンバーの経験値がアップする。そんな事業です。

ロケ地ハンターさんの一般募集は7月ですが、その前に企画、運営の裏方部隊、コアメンバーとなる方を求めています。

■明日はいよいよ会議 6/6(土) 

この事業通称を「ハリ!プロ」と言います。

「さぁ来い、ハリウッド!大作戦」ロケでまちが元気になるプロジェクト なのでね。


あー間際の仕事はいやだー!準備に準備を重ねてきたのに、間際になって決まって、しわよせが全部おしよせてくる。眠いっす。各部会のメンバーさんからも電話が夜中の2時に入ります。みなさんはもっと眠っていません。

ということで、「ハリ!プロ」という事業をやります。と言っちゃう。


本日、サポーター会員の方おふたりから、連絡をもらって事業に参画いただけると。嬉しい限りっす。ありがとうです!ぺこり
あの人も、この方も、きっと連絡をいただけるはず?と勝手に思っています。金子から電話なりメールなりして呼びかけをさせていただくなくてはならないのですが、ごめんちゃい。ごめんちゃい。


明日は、月一の会議です。当初から2時間会議を目指しておりますが、終わりません。明日は4時間会議にしましたが、個別会議があるので一日会議となるでしょう。今月はもう一回会議いれないと回らないかもしれない。なにぶん、市外の方も多いのと、多忙な方が多いので、都合をあわせるのに皆さんに無理を言っています。


さぁーさぁー、そこのアナタ!
プロジェクトに参加してくださいね。

■もうすぐ総会 21年度事業について 

6/20(土)総会を迎える。

今年は新たな事業に取り組む。
会設立当時からの悲願、即応できるロケーションライブラリーの構築をはじめ、一年間で連動したいくつかの事業。

・ロケーションライブラリー構築(ロケ地ハンター7月募集 11月発表)
・ロケーションコンテスト開催(7月募集~11月発表)
・ロケ弁コンテスト開催(7月募集~11月発表~販売)
・ロケ支援セミナー(夏)
・記者発表、シンポジウム、交流会(11月)
・ロケーションハンティング・ツアー開催(2月)

ひとつひとつが大きなボリュームの事業だが、短期間で企画し、7月には実施に入る。サポーター会員さんを中心に事業の企画、運営を行っている。各事業に作業部会長さんとチームを置き運営。ライブラリーとツアーは金子自身の構想は半年なんで、この1ヶ月でメンバーの皆さんの知恵が盛り込まれて、肉付けされてきた。今週末の会議でスケジュールと予算などを組みつつ、7月にはチラシ配布に向けて、毎日毎日、変化していっている。各部会はそれぞれ個別ミーティングを重ねている。

多忙な皆さんが勢ぞろいできるのは、月一回。
昨年11月に会設立からのサポーター会員さん5人に集まっていただき、微助人の将来について相談してきた。ひょんなことから12月にこの事業を行う国の補助金のお話を頂戴して、申請書を書いたのが1月。3月に申請を終え、きっと、ぜったい、採択される?と期待して、お会いできるサポーター会員さんに事業への賛同を募った。4月には採択前だが、一緒に汗を流して一年間お付き合いいただける方が数名新たに参画。4月末に採択結果は合格となり、その二週間後の5月会議は、新たにロケ弁部会メンバーとなってくださる方に加わっていただいた。
採択され、ようやくサポーター会員さんにも一斉メールでお知らせすることができたのがつい最近でしたね。そのなかで、事業に参画いただける方を募ったところ、6月は今週の6日土曜日、新たに3名の方が部会に参加いただけることとなった。現在、30名弱かな。
6月中旬にはマスコミ発表も行うので、7月には具体的な内容で、今度は一般で新たなメンバーも募る予定。

メンバーは、沼津市近隣をはじめ、静岡市、県外からいる。日常はメールを使い、全体会は月に1度。あとは部会ごとの会議。今月は、企画のピークゆえもう一度会議が必要かどうか?といったところ。

きっとあのサポーター会員さんも、仲間になっていただけるはず?と思っているが、個別にお電話する時間を逃してきている。拠点がない組織って、こういうとき、ホント弱いよな。


6/6(土)はサンウェル沼津で13時から会議っす。サポーター会員さんで参加希望する方は事前にご連絡くださいませ。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。