FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス解析 公式サイト どんなキーワードでご訪問? 

そいでは公式サイトはどうだろう?
(ちょっと文字化けしちゃっているけど)


1 エキストラ 6,416
2 フィルム微助人 2,031
3 微助人 1,264
4 フイルムコミッション 微助人 1,024
5 エキストラ募集 721
6 金子恭子 642
7 静岡 エキストラ 625
8 エキストラ 静岡 532
9 エキストラ 募集 524
10 沼津 ロケ 505
11 まち再生ネットふじおやま 445
12 映画「やじきた道中てれすこ」 442
13 エキストラ 登録 412
14 クライマーズハイ公開 406
15 エキストラ 登録 趣味 383
16 田村映二 327
17 フィルムビスケット 275
18 エキストラ募集 静岡 270
19 エキストラ登録 250
20 タクシードライバーの推理日誌 230
21 微助っ人 223
22 映画 魁!!男塾 221
23 クライマーズハイ 映画 218
24 小島淳平 214
25 三島信用金庫のcm 194
26 北河製品所 島田市 194
27 隠し砦の三悪人 エキストラ 175
28 琅铂 エキストラ 155
29 日大三島 akb 152
30 沼津 エキストラ 148
31 静岡県 エキストラ 144
32 ハッピー食堂 沼津 143
33 npo法人フィルム微助人 142
34 伝染歌 ロケ地 137
35 クライマーズ・ハイ 映画 136
36 ロケーションマップ 136
37 まち浩栏ネットふじおやま 127
38 haradaフリークス 126
39 越前屋藤助 121
40 フィルム微助っ人 120
41 岳麓新聞 119
42 フイルムコミッション 腮锦客 109
43 エキストラ 静岡県 108
44 静岡新聞 cm 107
45 タクシードライバーの推理日誌24 103
46 小山町fc 102
47 静岡 ロケ 102
48 akb48 日大三島 101
49 石垣詩野 101
50 保し褐の话碍客 エキストラ 100
51 dive 映画 97
52 株式会社 シネバザール 96
53 沼津フィルムコミッション 96
54 羽鳥潤 俳優 95
55 映画 エキストラ募集 93
56 探偵学園q エキストラ 90
57 静岡県自動車整備振興会 90
58 エキストラ 募集 静岡 87
59 岩下彰祥 86
60 銀のさら cm 86
61 静岡市 86
62 静岡エキストラ 85
63 ビビ沼津 80
64 フィルムコミッション 静岡 79
65 映画 エキストラ 79
66 渡辺剛秀 79
67 静岡 フィルムコミッション 79
68 クライマーズハイ ロケ地 77
69 矢柴俊博 77
70 埼本大海 75
71 dive!! 映画 74
72 菊池久志 73
73 隠し砦の三悪人エキストラ 73
74 ロケ地 沼津 72
75 腮锦客 71
76 垛灰冻灰 69
77 ヘレ~ン 68
78 株式会社シネバザール 67
79 沼津 フィルムコミッション 67
80 小山町 フィルムコミッション 66
81 推理日誌24 殺人の記録 63
82 映画 dive 63
83 東京エキストラ 62
84 ダンスノットアクト 59
85 エキストラ 小山町フイルム 58
86 フィルムコミッション 57
87 フィルムコミッション 沼津 57
88 日大三島 制服 57
89 エキストラ 募集 2007 55
90 タクシードライバー 推理 55
91 ドラマ エキストラ募集 55
92 静岡市 エキストラ 55
93 フィルムコミッションとは 54
94 http://befilm.org/extra/entry.html 53
95 外国人 エキストラ 53
96 ハリウッド 沼津 52
97 ロケ地 静岡 52
98 静岡ロケ 52
99 ネ・ヘ 51
100 矢田稔 やたみのる -やだみのる 51
スポンサーサイト

久々にアクセス解析 どんなキーワードでご訪問? 

微助人公式ブログとはやっぱり毛色が違うな

1 微助人
2 フィルム微助人
3 アド街ック天国 沼津
4 ハリプロ
5 携帯 紛失 探す
6 らららサンビーチ
7 トヤマグ
8 東京ドッグス ロケ地
9 沼津市長選
10 沼津 市長選
11 クライマーズハイ ロケ地
12 au 紛失 探す
13 ミスチル 桜井 田園調布
14 沼津倶楽部 イタリアン
15 美の条例
16 携帯 紛失 電源
17 ウールーチン 昭子
18 女性監督・プロデューサーの映画を観る会
19 堺雅人
20 沼津倶楽部 サクラ
21 npo法人 役職
22 アド街ック天国 再放送
23 au 携帯 紛失 探す
24 ミスチル 桜井 田園調布 住所
25 伝染歌 ロケ地
26 川崎フィルムコミッション
27 npo法人フィルム微助人
28 ミスチル 田園調布
29 映画にしくまれたカミの見えざる手
30 田園調布 ミスチル
31 田園調布 桜井
32 田村孝子
33 アド街 沼津
34 土肥健夫
35 学校 ロケ
36 病院 ロケ
37 ジャパンフィルムコミッション
38 ヴィーア サクラ
39 フィルム微助人 nhk 理事長
40 全国フィルムコミッション
41 大久保あかね
42 携帯 紛失 居場所
43 携帯電話 紛失 探す
44 沼津 神輿洗い
45 谷國大輔
46 casa toq
47 ロケ地 学校
48 京都 微助っ人
49 桜井 田園調布
50 エチカの鏡 ウールーチン
51 ルーチン 昭子
52 川崎 フィルムコミッション
53 携帯 探す 紛失
54 栗原裕康 プロフィール
55 沼津 高嶋 寿司
56 沼津 高嶋寿司
57 紛失した携帯を探す
58 ハリ!プロ
59 川崎市フィルムコミッション
60 桜井 田園調布 住所
61 桜井さん 田園調布
62 神輿洗い 沼津
63 筑紫哲也
64 npo 役職
65 わかふじ えび伝
66 ミスチル 桜井さん 田園調布
67 ミスチル桜井 田園調布
68 井口 哲男
69 携帯を紛失した場合
70 携帯紛失 探す
71 東京ドッグスロケ地
72 東京大丸 レストラン
73 沼津市夏祭り
74 自由の森学園
75 西浦地区センター ロケ
76 谷川公子
77 須田寛
78 senbon flowers midoriya
79 ハリプロll
80 携帯 紛失 警察
81 松崎光弘
82 樋口真嗣 エキストラ
83 金子恭子
84 アド街ック天国 沼津 再放送
85 ジャパン・フィルムコミッション
86 フリークポケット
87 ロケ弁コンテスト
88 呉汝俊 昭子
89 大朝神社 楊原神社 洗い
90 学校 撮影 ロケ
91 学校ロケ
92 川崎市 フィルムコミッション
93 東京ドックス ロケ地
94 松崎光弘 ブログ
95 栗原裕康
96 沼津の風景
97 沼津市長選挙 候補者
98 沼津港 タクシー
99 田園調布 桜井 住所
100 相川絵里子

車の点検せなあかん CM 沼津仲見世 

ブログ検索キーワードで「せなあかん CM」と出ていたので、カキコ

最近も
静岡県内のテレビCMで「車の点検せなあかん」と言うおばちゃんが商店街を歩くCMを見ることができる。

数年前にエキストラ支援をさせていただいた自動車整備をしましょうというCMです。
撮影地は、沼津仲見世商店街の「TUCHIYA」さんと「オオミヤ」さんのあたりです。

撮影当日は、通行人の見守るなか、仲見世商店街さんのご理解によりお邪魔させていただき撮影をしました。
車の点検せなあかんCM


撮影レポートはこちら
フィルム微助人 こんなロケやってます
県内TV-CM「静岡県自動車整備振興会」


エキストラ出演してみたいあなた!
まずはエキストラ登録してね。本日エキストラ募集していまーす
公式サイトをみてね

自由の森学園に行ってみたい!卒業生の進路はどんな? 

■自由の森学園 中学校・高等学校への入学のススメ

9/25 母校自由の森学園の同窓会(学年会)に大学生の娘と飯能市にある母校へ行って来た。少子化のあおりもあって、入学者も少なくなってきたと聞いた。在学中は、日々国内外のマスコミ取材があり、巷でも学校教育関連のニュースは多かったが、昨今ではそういった話題や関心は少なくなってきたように感じる。が、いつの時代もどんな学校生活を過ごせるのか、このままで良いのだろうかと関心をもち、ときには悩んでいる親御さんもしくは小学生、中学生も多くいるのではないだろうか。昨年も古い友人から自由の森への入学を検討していると相談の連絡があったばかり。今日はちょいと進路検討の一つにおススメしてみる。
http://www.jiyunomori.ac.jp/index.html

昨年で設立25年を迎え5500人の卒業生を送りだしたそうだ。
http://www.jiyuunomori.com/
中学校2年からの編入生の一期生と、高校1年から入学の三期生の我々70数名と先生達が昼間から集まった。当時6クラスあったから約240人として、3分の1が集まったということだろうか。10年ほど前にも集まりがあったそうだが、今回参加がはじめてという仲間が多かった。学校は埼玉県飯能市だが生徒は全国にいたから出席率は良いだろう。

■日本で一番まっとうな学食 
同窓会の会場は母校の会議室を借りて。食事は懐かしい「学食」をご馳走になった。「ハム、うめぇー!これこれ」食べきれなかった料理は全てお持ち帰り。食材から調味料までこだわって作っている。詳しくはこちら↓
★やまけんの出張食い倒れ日記: 日本最高峰の学食は、僕の母校にある。 埼玉県飯能市・自由の森学園の素晴らしい食への取り組みをみていただきたい。
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2006/08/post_867.html

★「やまけん」の愛称で知られる農産物流通業者の二期生卒業生が山本さんが出版した書籍にも記されている「学食」
日本で一番まっとうな学食日本で一番まっとうな学食
(2010/06/26)
著者:山本 謙治

商品詳細を見る



■自由の森の卒業式と合唱
会の終わりには、「ケセラ」と「翼をください」を合唱した。自由の森といえば、合奏「おーやっぱり合唱か!
」と歌いながら懐かしく思い出したのは「卒業式」。在校生、卒業生みんなで合唱をしたのもさることながら、一人ずつ壇上にあがって一言しゃべる。よって式は数時間に及ぶ。
HOWL OF "SKADOG" ... 自由の森・卒業式は六時間!
ある保護者の方のブログに6時間と記してあったので、たぶんその位の時間だったんだろう。確かにファッションショーのような卒業式だった。(というか日頃の学校生活からだが)わたしは「アオザイ」を着て行った。

最後は、「卒業アルバム」に載せる写真撮影。グランウンドにだらーーーっと集まり、上から写真を撮る。(要は、整列で無い写真)アルバムは橋口譲二さんの「十七歳の地図」のように、一人1ページを使って、思い思いの場所に立ち写真を撮り、当時何を思っていたのか記されている。
http://www.book-oga.com/wimages/seventeens_map.html
今年3月高校卒業の娘の卒業式に出席して悲しかったのが、校歌を歌うこともなく卒業証書を手渡すだけのたった1時間ちょっとのセレモニーで、子供たちの卒業を祝い、学校生活を懐かしむ余韻に浸り涙を流すチャンスがなかったこと。「誰のための卒業式なんでぃ!来賓のための卒業式でないのかい!」などと涙を流した。ww
そんなわけで、今思えば、自由の森の卒業式はじめ、さまざまなセレモニーや授業、学校生活は20数年たっても影響力をもたらす出来事であって、それを創りだしてきた大人たちがいたことに改めて感謝をした。

そろそろ定年を迎えようとしている先生達は、当時30数才で、今のわれわれと同じ年であったわけだ。感慨深い。当時担任だったり音楽の先生だったりした教師陣は、現在校長であったり、理事長であったりする。同級生が現在先生にもなっている。タイムスリップしたかのように、当時と同じように「教育とは何か」をそれぞれの言葉を持ち語る恩師に再会した。「教育のプロ、教師たるものそうでなければ」と、当たり前のようにも感じるが、そうでない現実が地元の学校、教育現場には存在しているから、こういう人が創っている学校は貴重なんだと思う。


■自由の森学園を選んだワケ
1980年のあの頃は「校内暴力」なんていう言葉が飛び交い、日夜ニュースで学校教育が話題になっている時期であった。小学5年の頃だったろうか、シュタイナー教育を学べる学校を探していた。「ドイツに行くかー、いやまてよドイツ語どうすんのよ。ハワイなら英語圏かー」なんて悩んでいるときに、東京の友人から明星の先生達が学校作るらしいよ。と聞いた。仲間のお父さん達も理事をやる、発起人をやる。などと聞いて、説明会に足を運び迷って数年。友人、知人の活動家のお子さん達の入学も徐々に増えた。一定程度の評価があがった3期目、結局「いっちょ受けてみるかー」と受験。国語で本多勝一さんのことを記したのと面接を受けた。運よく合格、入学。当時は8倍だったそうな。親には行きたいからお金ちょーだいと都度報告。沼津と埼玉、遠いこともあって呼ばず親は一度も学校に来ていない。市ヶ谷に住んで飯能まで通った。2時間ちょいの通学であったが、当時は神奈川から3時間かけて通う同級生もいた。同級生は、同い年ばかりではなく、もういちど高校に行くという三才年上の人も複数名いたな。


■卒業生の進路
大学生の娘がいることから、学校卒業の進路を考える機会が増えた。高校卒業時に就職する子供友人の就職先を心配したりもした時、子供たちの周辺環境をみていると、どうやったら好きなことで食べていくか、仕事につけるか。のヒント、とっかかり、出会いが自然と回りにある環境でないなーと思う。とくに沼津という地方では、多様な職種があるわけでもなく、大人の働く姿、目に触れる機会が非常に少ない。夢を描くには、よほどの強い思いで情報をゲットしにいかなくてはならない。

学校のHPをみると、進路先として大学名が記されていることに驚く。求められているからであろうとも思うのだが、自由の森の魅力は卒業進路が「オンリーワンな世界」にあることだと思う。芸術、芸能の世界で活躍している仲間も多い。その才能は高校時代から芽がでるものも多い。

同窓会で驚いたのは、多くの仲間は一度は海外で暮らしていることだ。
・ある女の子は、卒業後メキシコに6年住み、メキシコで大学に行き、三井商事メキシコ?支社に入社。もっと自分の好きな仕事に就きたい、日本の住環境を豊かなものにしたい。と、日本にもどって照明デザインからインテリアデザインの会社に入ったそうな。
・ある男の子は、高校時代に建築に興味があって多摩美に入ったあと、ロンドンに5年住み、富山まちのおかプロジェクトで知られたピーター・ソルター氏を師事にして、現在は専門学校でも教鞭をとっているという。仲間が多くいる新宿区のまちづくり系の行政委任委員もやっているようで、接点も増えそうだ。
・ある男の子は、「森林再生」に何ができるかを考えて家作りをしている「東京・杣人の連」で林業を営んでいる。
http://www.tamamori.jp/cgi-bin/category/topics.php?topics_code=20060314066
・ある女の子は、私のあこがれ、映画のワンシーンにも使われるBloombergに勤務。元は新聞社に勤務していたが子育てができる会社に転職。外資系は18時に帰れるそうだ。なるほど彼女がいうように、中途採用やインターンシップを前面に打ち出すページが存在する。近いうちにオフィスをたずねてみよう。
http://about.bloomberg.co.jp/careers/jobsearch.html
朝方2時、同窓会の池袋三次会では「卒業生の能力を結集したら、倍率数倍入試の自由の森はやってくるはず」などと語りあった。


■地元 沼津あたりでの関心はどのくらい?
昨年も、たまたま沼津市民文化センターで講師をつとめている恩師内田良子さんに再会して、沼津にも学校教育に関心をもっている人はいるんだなーと知った。奥地圭子さんが主宰する東京シューレは私が東十条にいたころに設立されたが、沼津にも会があるそうで心強いですな。

ちょっと飯能市は遠いかも?だが、進学検討先のひとつに自由の森学園はいかがでしょうかね。

10月静岡県が燃える!映画主演は一十三十一さんだ 

今日は久方ぶりにロケハンにお邪魔した。ニュース番組の取材を見守りたくて。
作品は10月クランクインする静岡市出身の浜野佐知監督の「百合子、ダスヴィダーニャ」。

「オール静岡ロケだぜ!」を売り文句にしているわけでして、ロケ本番と同様に今日のロケハンも熱海~函南~沼津~二俣と静岡を横断してます。わたしはこの沼津ロケハンのみお邪魔。

ロケハンはロケーションハンティングの略。すなわち、撮影の下見。美術さんが現場を計測して、東京からどんな装飾品をもってこようか、つくってこようかなども打ち合わせるわけです。
今日は小道具のケーキ調達先をどうするかーという話になった。
ケーキといえば、私が微助人をつくるきっかけを(沼津青年会議所事業内で)つくった雅心苑さん土井社長さん。これまでいくつものロケ現場差し入れにお世話になっている。

早々に電話。「ケーキつくってー」
土井社長さん「いいよー」
「そういえば今回の作品の主演は一十三十一(ひとみとい)さんなんだよね。CD持っているよ」

ということで、前置きが長くなりましたが、静岡県に一十三十一さんがいらっしゃるよ。

■一十三十一さん公式サイト「360°」ブログで作品紹介されているね
http://toimemo.jugem.jp/

http://c.tkma.co.jp/tjc/j_pop/hitomitoi/

■大貫妙子 + 一十三十一 [いつも通り]


きれいな声した方なんですね。作品撮影の楽しみがまた一つ増えちゃいましたね。



本名は天野 一十三(あまの ひとみ)さんだそうで、「一十三」は本名なんですね。昨日、東京から友人が遊びにきてましてね。娘さんを33歳のときに出産したので「三十三(さとみ)」さんと言うんです。一緒においでくださった友人はシンガーソングライターさんで、名前と歌つながりで「一十三十一」さんを話題にしていました。

■ちなみに、本作品を応援してくださる方を募集中
http://d.hatena.ne.jp/hamanosachi/

http://befilm.blog39.fc2.com/blog-entry-377.html

■ちなみに、本作品、もうすぐエキストラ募集を行いますよ。まだエキストラ登録をしていない方は早めに登録をしておいてね。
http://www.mag2.com/m/M0071134.html
http://www.befilm.org/extra/index.html

もうすぐ、静岡市にフィルムコミッションができるぞ! 

そうです。そうなんです。待ちに待った!静岡市にフィルムコミッションができるんです。
これまでにも静岡市へのオファーはたくさんありました。沼津から自転車100台積んで静岡へミスチルPV撮影に行った日が懐かしいですね。掛川のロケ支援は、ちょいと遠いけど、静岡、清水はまだ近いよね。なんて言っていた若かりし日がありましたな。東部方面のロケはちょっと遠いよねって思っていたエキストラさんもこれからは楽しみですね。



先般、来月クランクインする浜野佐知監督の静岡県オールロケの撮影支援のお願いに静岡商工会議所清水事務所さんに行ってきました。今年4月に清水映画祭さん主催で、フィルムコミッションシンポジウムにお邪魔して以来の二回目の訪問です。「きれいで大きなビルは、広々としたスペースが各階にあり、映画撮影などに最適なロケーションだわ」と思わせます。

後日、職員さんが「しずおかロケーションマップ」を利用したいと沼津にご訪問いただきました。なにやら会報誌で特集記事を作られるのだとか…。

じゃじゃーーん。先週、その特集記事を送っていただき、ハリプロ映像協会のオフィスで拝見させていただきやした。「うわぁー、読みやすくてわかりやすいねー」と静岡市にフィルムコミッションができることに大喜び。みなさんにもご紹介しようとネットで検索したら、すでにホームページでも拝見できるようにアップされていましたのでご紹介やんす。


■静岡商工会議所報「Sing」
イラスト入りで、フィルムコミッションがどういった活動なのか。
どういった効果をまちにもたらすのか。が記されている。
http://www.shizuoka-cci.or.jp/service/sing.html

清水事務所さんでバックナンバーも拝見させていただきましたが、面白いなーと思ったのが、「表紙」は静岡市のロケーションを伝える写真なのと、「企業遺産」というコーナーが設けられていること。21年度のハリプロ事業をスタートさせたときの思いに「企業遺産」「産業遺産」をどう活動で取り組められるかが私の課題でした。十分表現できず後悔があっただけに、こういったコーナーがあることは静岡県民の誇りだ!と励みになりました。
http://www.shizuoka-cci.or.jp/assets/files/Sing201009/Sing9-P31.pdf


来週、JFCの秋田総会に出かけてきます。全国、海外のフィルムコミッションは、県内はもちろんのこと、複数の県がタッグを組んで海外からの撮影誘致を行い、より大きな効果をあげています。静岡県は、「関東甲信越静」というJFC最大数(10県)のブロックに所属しています。国内のフィルムコミッション誕生から10年が過ぎ、猛スピードで成果をあげ変化成長してきた各フィルムコミッション。今後も互いの交流により、更なる進化を遂げたいものです。

韓国でIKKOさんを知っているのは観光従事者だけ? 

■タバコ値上げを機会に、活動、第二段階へステップアップしようっと

本業はタバコ販売をしている。来月10月これまでにみない大幅値上げでタバコは「taspo導入」時より更に売れなくなるだろう。廃業者も増えたと聞く。

「金子さん、まちおこしなんていうものは、金持ちしかできない仕事よ」
「お金に余裕があるからそんなこといえるのよ」

「そんなことないわよ!ぷんぷん」
社協(社会福祉協議会)には、年金生活でも毎月募金している人だっているし、おうちにいくとあからさまに貧乏だけど親父は必死こいて戦場行ってチェルノブイリ行ってるジャーナリストやカメラマン、監督も多くいるぜよ

20代前半の反旗フリフリ時代には、この言葉がモチベーションにもなった。
「金がなくてもできる活動で証明してやんべ~」が、フィルム微助人の運営スタイルになった。


実績を積み上げ、目標をひとつずつ達成してきたつつある節目の10年で、静岡県内でもフィルムコミッションという言葉が浸透し、仲間も増えたことで活動面の精神的余裕が出てきた。そろそろ自身の生活に重きを置いても良いだろうと思い始めると、平日昼間のボランティア活動を支えてきたタバコ販売業が縮小されることを見直さなくてはいけない時期になったといえよう。

第一段階の活動が落ち着いたところで、今度は自分の生活を落ち着けよう。そんでもって、平行しながら第二段階の活動に着手すべく、どうやったら費用対効果高く成果を出せるのか?の手法を見出せるよう充電しよう。と考えているこのごろ。

迷うことなく生活できるお金があったら、まだトップバッター気分で走り続けていたかもしれない。と思うのも今だけだろう。充電できれば、突き抜けられるだろうと。


そんな昨今、
・「ロケでまちが元気になる」を目に見える効果、成果をあげるにはどうしたらいいか?と
・たばこ販売業から、観光業へのシフトを平行して模索


■「IKKOさんには、タダであげたら良い」観光の考え方
10~20代前半は、年に数回は海外旅行をしていたが、活動でおあずけ。
フィルムコミッション活動を講演する際、釜山フィルムコミッションの活躍はじめ、ヨン様ブームの話をする機会が多く、もっぱらこの2年は、韓国に行きたくてガイドブックを12冊読んだ。

「韓国は、化粧品といった物品に加えて、デパートなどのショップそれぞれに、芸能人がタイアップしている」
「ガイドブックに掲載されたことを看板にして宣伝するなどして、大きく活用しているな」
「ロッテホテルにできた観光客向けとも言えるスターアベニューの韓国人スターのなかに、なぜ一人日本人のIKKOさんがいるのだろうか」
「日本と韓国の違いは何だろう。どこをどうマネできる、活動に取り入れるだろうか」などと考える。
(「ロケでまちが元気になる」効果&仕掛けとイコール)


観光業にたずさわる韓国の友人はこう言う。
「韓国でIKKOさんを知っているのは、観光業に従事している人間くらいよ」
「IKKOさんが何か買いたいと言ったら、それはタダであげたら良い」
「韓国の化粧品が今のように売れたのは、IKKOさんのおかげ」

下の二つは、ロケでまちが元気になる効果や仕掛けのひとつでもある。「IKKOさんを知っているのは、観光従事者だけ」と言い切る彼女のように「テレビの旅番組で紹介される、映画の舞台になる効果が一般的に理解されにくいと考えるのではなく。利益が目の前で見れる当事者、観光従事者にはわかる。と考えた方が良いんだな」と納得した。
一方、これは韓国だからであって。イタリア、フィレンチェのオレンジ色の屋根の景色に代表されるようなヨーロッパ観光は住民も当事者になっているはずだ。そういうまち元気がしたい。沼津はなれるのか?日々自問自答。

「沼津は観光で食べていないから」と言われて長いから、観光で荒れちゃう被害は受けていない。


■広告の世界
CMプランナーの箭内道彦さんが「カンヌ国際広告祭」に行ったときのテレビ番組では、何が広告かを学んだ気がする。番組内で、通行人が持っているショップバックやTシャツも広告。ナイキのゴミ箱が紹介された。頭でなんとなくわかっているだけでなく、人に説明するのにたとえられる目に見えるブツができた。
箭内道彦 in CANNES2010 UST by kawajiring


広告の穴(ナイキのゴミ箱)
「ゴミ捨てろ」でなく「ゴミを捨てたくなっちゃうゴミ箱」
http://ogekimog.blogspot.com/2009_05_01_archive.html

世界のゴミ箱 ~NY篇~
http://www.mtvjapan.com/special/eco/eco-blog/archives/2007/06/_ny.html

「東京ガールズコレクション」や「芸能人ブログ」、タダでゲームができちゃう仕組み。広島県福山市と「崖の上のポニョ」。どれもが巧みに仕掛けられて、ガッツリ利害関係が一致して成果をあげているんだな。


私の頭のなかのモヤモヤは、どこ方面に向かえば、解決するのか。


■カリスマCMプランナーが沖縄のCMのつくったら

おもしろっ



まだ、モヤモヤ真っ只中
(近く、韓国を真似てみた広告ができたらお披露目したい。ところ)

kosei nagaiの吹きガラスと沼津倶楽部 

今週末 高校の同窓会(学年会?)に初参加する。
幹事に集合場所をたずねつつ教えてもらった、昨日更新したばかりだというyoutube。

■拭きガラスでガイコツ できちゃう
「Kosei Nagai Hot Glass Blowing : Sculpting Skull 吹きがガラス」


■吹きガラスでドラゴン できちゃう
「Glass blowing - making Dragon Vase Kosei Nagai & Ryo Sekino 吹きガラス」



おーすげーすげー!
どちらも若者にはそそられるオブジェです。
これからの更なる活躍をあれこれ妄想しちゃっています。

以前「仮面ライダー」の藤岡さんの思い出の壊れちゃった時計を、永井君が吹きガラスでオブジェにするというのをテレビ番組で観た。それ以来だ。youtubeエライ!


■沼津倶楽部がロケ地になる最初のきっかけ
沼津が誇る宝、「沼津倶楽部」さんで、来月10月久方ぶりに映画撮影をさせていただく。
http://www.mcglass.com/index.html
kosei nagai君の工房「MCグラス」ホームページを見てたら、「1996年沼津倶楽部にて個展(~2001)」と記されてあった。沼津倶楽部で開かれた個展に何度かお邪魔させていただいた際に、永井さんから沼津倶楽部さんをご紹介いただいて建物内を拝見させていただいた、「こりゃ、すごい造りだ!」「いつか映画のロケ地で使わせていただきたい」と可能性を探っていた。あの時からだったな。と、長い道のり、たくさんのご縁をホームページみながら思い出した。

■余談
・先週も思ったことだが、「ロケ地になる」のは全てご縁からだなーと。先週、沼津は原地区でドラマロケをやった。制作者が地元出身であったそうな。
・微助人一発目のロケ支援作品は、沼津の原出身のフジテレビプロデューサーさん作品。作品タイトルには「沼津・天城」という地名が出てくる。
・活動を通じて、静岡県出身の映像制作者さんと一緒に作品づくりができることは、大変うれしいこと。同じような環境で育った同郷人は共感するもの。このご縁を単発の映像制作だけに終わらずさらにつなげたいと思う日々。
・富士市出身の映像プロデューサーさんに今年出会い、今月撮影を行った。(あれもこれもできなかったと後悔、懺悔)


今年後半戦は、自身の充電期間と決めた。
・いつも思うのは「いいものがあっても、使わなくては、活かさなくてはダメ」すなわち「活かす人がいなかったらダメ」なんだよなー、と。バシっと突き抜ける自分なり解決方法を模索中。
・今月末には、ジャパンフィルムコミッションの総会がある。全国から集まる諸先輩方に知恵を頂戴する懇親会を楽しみにしよう。


話それたが、今週末は同窓会で充電してこようっと

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。