FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■熊の居そうな川オファー ロケツアー 

ご報告まったくしていませんが、2/5、6とロケーションハンティングツーを開催しました。寝込んでいることを理由に、ツアーの報告ははしょっちゃいますが、参加してくださった映像製作者の方のはなしを。

■ロケ地と景観:富士山と茶畑
活動がら、県内で講演をさせていただきます。そのときに事例として出させていただくネタに
「ロケ地で選ばれる場所は、景観として優れた場所である」をわかりやすくお伝えするため、タイ国で放送されたキリンさんの生茶CMのロケ地の話をしています。
・海外にもっていく日本(お茶の場合)のイメージは
・富士山バックに、茶畑が広がるロケーションが必要だった
・そこは、電柱や防霜ファンはじめ人口建造物がたっていない場所である

・景観を考えるとき、個人の嗜好にたよるものが多く、多くの人の共感を得られにくいと考えています。
 このときに、専門家でも先生でもない住民にとって、わかりやすい基準が必要だと思っている。
 (原色が良くないという人もいれば、良いという人もいる)
 (すばらしいという建物を、そうでもないという人もいる。)
 (映像、映画のワンシーンに映ると考えると歴史的建造物であっても、サッシなどに変わっているとNG)
・全てを整えることはできないことから、エリアを定めることがありますね。
 このあたり一帯とせず、どこからの視点の景観という決め方があります。
 たとえば、三島駅のホームから立ち、富士山を見たときに、○階建て以上の建物は制限を設けるなど

静岡県の景観条例を作る委員をさせてもらったときに、この事例を条例に掲載いただいきました。
商業として多くの共感を得ることを求めている映像のロケ地になるためには、感動を呼ぶロケーションでなくてはならない。静岡もとぎすませた景観を守っていくことで、京都のように外の人が訪れたくなる町をつくれる。と考えている。



■ロケオファー:熊の居そうな川
同じく講演で、ロケ地の求められ方の事例として紹介するネタ。
「狩野川で撮影したい」というオファーはありません。「熊の居そうな川を探しています」といった具合でくるんですよ。と話をしています。
こうたずねると、「北海道はどう?」と、地元の方には言われますが、いやいや熊が居そうな川に見立ててこの静岡県東部地域という首都圏から近距離で探すんですよーと説明するわけです。
「取調室」などもそうですね。本当の取調室と、ドラマや映画に出てくる作品の取調室はほとんどが食い違っていますね。「取調室」に見える部屋を探すわけですが、この「見える」が難しくて、ロケーションを探す、紹介してくれる方のセンスが問われるわけです。

-----------------------------
で、で、この二つの作品オファーをくれた制作者の方が、ロケツアーに参加してくださいました。
制作者の方とは、作品を通じてのお付き合い、あんど電話は何度もしゃべっているが会った事が無い。という方も多くいらっしゃる。(未成立が続く場合)それが、今回ロケツアーに参加してくださったので、ヘベレケになるまで飲み明かし、語り、翌日は「ぜんざい」を食べーので…。

で、「ぜんざい」を食べながら、携帯電話で「熊の居そうな川」がどんな作品になったか、youtubeを見せてくださった。

■熊の居そうな川 

http://www.youtube.com/watch?v=O4Dj_257Jag

楠城屋(鳥取県で、醤油や味噌を販売する会社)さんのCM
熊がしょうゆをつけてサケを食べてます。ww



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/337-1436d2d1

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。