FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土肥 健夫さん 中心市街地活性化と ハリプロ 

今日は2本の会合に参加。ひとつめは中心市街地活性化協議会。

講演があって、講師は土肥 健夫さん。似通ったお話は聞いたことがあるが、60分という短時間で密度の濃い話をうかがった。今ほしかった答え、ヒントがあった。

土肥 健夫さんプロフィール
http://www.mskj.or.jp/profile/dohi.html

迷っていたこと、あきらめていたこと、
いやそうじゃないんだ。やっぱり目指すんだ。と元気になる話。
細かい気づきは、メーリングリストに書いたので、自分的に消化しちゃったのでブログは、ハショっちゃおー。

■地域資源活用マニュアル
土肥さんが書かれた本の目次ふくむご紹介のサイト
http://gakubox.jugem.jp/?eid=813


ハリプロも微助人の、中心市街地活性化協議会も、そのほかも、みんなまちを元気にしたい。と考えている。連携が必要だと思っている。だども、互いに連携は難しい。どうしたらいいんだろう。ともどかしい数年をおくってきたわけだが、土肥さんの話には、この組織が格式をもたなくてはならない。中心市街地のことはこの組織。となるよう。たしかに…。多くの会議や組織があって、一人のひとが複数の会議に顔をだす。だども、連携や共有はできておらず。もどかしい。格式をもたせる。ことが必要。なるほど。なるほど。と聞いた。

土肥さんは、なぜにこういった組織がうまくいかないのか。の現実をよくご存知であるがゆえに、どうしたらうよくなるか。の具体的事例が、わたしにもできそう。沼津でもできそう。という関心をもった。
人はいる。意欲もある。今たりないものは、「今考えるのはコレですよ」「次はコレ」「その答えはコレだけでいいんですか?コレはぬけていませんか?」といった、そのまちの諸処の事情にあった形で考え方を教えてくれる、導く人なんだと思う。


質疑の時間でおたずねしたところ、
明石市には、週2回のペースで訪問していらっしゃるという。誰がどういう考え方をしている。は当然のごとく、誰と誰がどういう関係か。どの店でよく飲んでいるか。そういうところまで入り込んで、取り組んでいる。と。真剣勝負で取り組むことなんだ。と思った。

微助人より前に関わったのがTMOだが、どこで真剣勝負していいのかわからず、むなしい会議をどう向き合ったらいいのかと答えをださぬまま、いまだにお客さん状態で市街地への取り組み関わりをしている。

21年度、微助人からハリプロが生まれ、新たな気づきと課題をもった。まだまだ、もっともっと、ひとつできるようになっても、また新たな苦手なこと、できないことが増えた。と自分の力不足にジレンマ。
土肥さんいわく、「何でもできるスーパーマン待望論はなくしない」「ひとは育てるもの」「みんなが手伝うもの」と聞いて、「そうか、そうなんか。それでいいのか」と元気もわいた。

今日の会合では、土肥さんが沼津で導いてくれる日がきたらいいのに。一緒に活動して育ちたい。と夢をもった。土肥さんの考え方、人柄を知って「地域資源活用マニュアル」の目次をみると、読みたくなった。各事例ごとに「活性化を妨げるもの」という文字が記されている。その内容を知りたいとも。

地域に利をもたらす地域資源活用マニュアル地域に利をもたらす地域資源活用マニュアル
(2008/11)
土肥 健夫

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/340-b3860ea1

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。