FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポーター会員のみなさん 会費納入ありがとう! 

微助人は3月で年度が切り替わる。毎年1~2月にかけて準備をしてサポーター会員さんに翌年年度(今年は22年度)会費納入のお知らせ、お願いを郵送作業をし、3月末締め切りで会費納入をお願いしている。

今年もぞくぞくと郵便振替、銀行から会費の納入を頂戴し、スタッフが手分けして、入金確認と入金いただきましたーメールを発信している。
まずは、サポーター会員のみなさん>>ありがとうございましたー!


微助人は他NPO法人と同様に、
会費収入と事業収入(委託金含む)と補助金と寄付金の4本が収入の柱となっている。
・昨年度実績は、ハリプロにより大きな金額の委託金があった。
・補助金依存率は毎年0~10%以下で(補助金がないと活動ができないという点では)良しともいえるが、補助金をとってこれない(体制、申請できていない)という点ではダメとも言える。
・事業収入のメインは、ロケ支援のため、事業の性格上、安定しないことと、十分な金額ではない。
・3年前までは毎年1~3回独自事業を行ったが、最低限の経費を捻出できるだけの収入のみとなっている。
・会費収入は、組織を維持するための最低限の経費を確保し、さらにホームページの維持費、ロケシンブンのコピー費(一枚数円)などにも使える、用途自由な収入源になる。(年間40万円前後の会費収入の7割が携帯電話代とスタッフ交通費にかわる)
総事業資金は100~400万円だが、目的を達成する活動をしていくためには打開策が実現せねば成り立たない。(今なりなっているのは、サポーター会員さんの継続的協力と、長年連れ添った正会員の持ち寄りマンパワーがあるから)


・専従職員の確保、そのための収入源の確保がなくてはNPO法人は成り立たない(継続)ことは誰もが知っている。今はNPO法人という法人格と存在が(誤解含めて)認識されつつあるが、大昔の市民活動でも同様の課題は抱えていた。もちろん、継続が目的ではないから、目的を達成したら解散をすれば良い。微助人の場合、10年がかりで市職員による専従職員を得たことで第一段階の目的は達成した。他フィルムコミッションからすると10年遅れといったところだろうか。(これはいろんなタイミングが吉と出たんであって、あの人出会わなかったらこうはなっていなかった。と考えるとオソロシや)これから本来の目的に進むわけだな。(おークラクラするぜ)




一方、専従職員を確保したものの、過去に専従職員ができたならばのシュミレーションを何度もしたときの懸念が、今目の前の課題にもなっている。わたし的には、飽きるくらいシュミレーションをしたから、こういう仕組み、仕事の仕分けをしたら、こうなっちゃうからやめようよー。と言えるんだが、ハリプロから新しくかかわった仲間にそれを理解してもらうことは容易でない。
沼津青年会議所には有償の事務員がいる。事務員と会員の仕事のすみわけは長い歴史のなかできちっとされている。ここで迷うことはない。他組織でも同様のことがあろう。
会費制度を設ける。専従職員を設けるといったことを、組織作りの一番最初に作っていると出てこない問題も、活動途中から導入すると出てくる問題もある。「どの仕事を会員がやるのか。職員がやるのか」と、
で、これをいい加減に適当に済み分けてしまう。なんでも職員にやらせてしまう。となると、活動の停滞もすぐに見えてくる。これが理解できるのは、興味や得意分野が異なる大勢の協力者を適材適所で活躍してもらうことに失敗や成功をわかちあえた人でしかないように思うこの頃だ。(もしくはおいらが強いリーダーシップをもってこうするの!とやりゃーいいんだ。とも一方で思うが、微助人と違いハリプロはおいらの許容量をオーバーしている。)

これもなかなか難しいもんで。沼津あたりだと、「金子さん仕事でもないのにどうしてそんなに熱いのか?」とよく聞かれる。講演でどうしてがんばれるのか?を主催者から聞かせてくださいといわれる。こういう質問が出てくる環境に自分はいるんだなーと。東京だと当たり前のことで、当たり前のなかで活動しているから。活動も成果をあげやすい。

あー話がそれた。まったくそれた。毎度のことだが。
もともとの趣旨は、サポーター会員さんありがとう。だった。今日もこのブログでも馴染みのサポーター会員さんへ遅ればせながら「サポーター会費納入ありがとう!」のメールを送ったスタッフのメール送信記録を見て、ありがたいなー(会員さん、スタッフも)の思いからブログ投稿だ。
いろんなことを考えているわけですが、活動のために支えてくださる方々がいるから、こうやって活動をしてこれた。それをバネに、次のステップに進もうとしているこの頃です。をお伝えしたかったです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/350-24d8d56d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。