FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広瀬隆さんが三島に来る 

先日、このブログを見てくださった敬愛する方からメールを頂戴した。「24日に沼津行くから会いませんか?」と。24年ぶりだ。

その方との出会いは知り合いの紹介。
東京の友人のお母さんが活動家で、家に泊まりに行くといろんな方が集まって飲み会をやっていた。昼間になれば、いろんなところに連れ出してくれた。自分の親は商売人で子供を大人の場所につれていってくれるのはロータリークラブの家族会くらいだったから、興味津々でついていった。そのときにつれてってもらった、教えてもらったことがその後の活動につながり、今もある。

24日に会う方も、連れ出してもらった先で音楽イベントを主催していた方で、面白くって欠かさず参加した。当時が一番音楽を聴いた時代だ。運営は若い子たちが、思い思いに工夫を凝らしてメッセージを読んだり、司会をしたりしていた。おいらも横断幕をもって日々谷野音の壇上にたたせてもらってPRをさせてもらった。当時中学2年か3年。原宿ホコ天での行進で今や知らぬ人はいないブルーハーツのヒロトさんが全裸にもなっていたが、毎都度脱いでいると目も慣れてくるものだと思った記憶はほほえましい。彼は「がんばらんでイイ」とおいらに言ったが、彼は当時いくつだったんだろう。と今思う。そういう熱い人がアーティストにもスタッフにも大勢いた。当たり前のようにいた当時だったが、今になって振り返るとあれを運営するにあたり、どうやって仲間、若者が集まったんだろう。毎月会議やっていたのかな?などとがとても気になる。

で、24日会うという電話やりとりで、三島市に広瀬隆さんがいらっしゃることを知った。どこの会場にくるのかなーと調べたが見つからずだったが、よく三島には来ていることを知った。さすが三島!地方にいると、地元にいらっしゃる。というご縁が非常に恋しい、嬉しい、共感するものである。娘っこが同級生で電話したが番号古く繋がらず。(電話したからって何しゃべるわけじゃーないけれどww)なんだろうなー、東京にいるといつでも会える(環境にある)が、地方だと滅多に会えないからだろうなー。
ジョン・ウェインはなぜ死んだか (文春文庫)ジョン・ウェインはなぜ死んだか (文春文庫)
(1986/06)
広瀬 隆

商品詳細を見る


その電話で、同じ事務所で隣にいた、これまた懐かしい友人としゃべった。久方ぶりに政治の話をした。沼津で政治の話をできるのは1~2名ゆえ。いやーまっただなかにいるんだなー。戦っているなー。元気でるなーと

娘が東京に住むということで、天沼はモトジが住んでいたところだ、高円寺はイーヅカちゃんが住んでいる。電話繋がる人に相談してみよう。何か困ったことがあったら母さんの友達に相談しなよ。などと20年ぶりに東京の土地勘やらを思い出す作業をするなかで、当時の古い記憶をひっぱりだしながら、娘においらの青春時代を語った矢先だったゆえに、その当時の仲間と会話や近況をを交わすことができて、嬉しくって運命かしら。とw


沼津港は長年の夢かかって観光客が集まるエリアになったので、地元にいながらにして懐かしい友人に会えるチャンスができた。飲食店のビルの下で本業のたばこ自動販売機でたばこの詰め込みしていると、ふと見慣れた懐かしい顔が…。「なんで、ココにいるのよ!」「ご飯食べに」「コンサートで来たたので」一年に数回、そんなことがある。
懐かしいみなさん、今度沼津にくるときには、電話してから来てください。いや、沼津でなくても伊豆に来たときでも沼津港に立ち寄ってください。おいらが美味しい魚をご馳走しますで。もちろん、お店は千本一ですが。ナニか?w

ちなみに先日、微助人ブログのアクセス解析みたら、沼津港駐車場地図が一位でした。微助人としては不本意ですが、街が元気になる。からしたら本望です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/351-6bda4b15

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。