FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらばき(あらばき協働印刷)のおばちゃん 

先週金曜日から、大学生になった娘が広い大都会で心迷うことが無いようにと娘を連れて東京行脚をした。

沼津を出発する前、本業の印刷物原稿の入稿を数本こなした。昼には出かける予定が結局夜になってしまったが、印刷所に無理をお願いしなんとか週末前に入稿を終えた。入稿の連絡とあわせて知り合いの印刷所である、あらばき協働印刷のおばちゃんに「今日、夜ごはん食べれますぅー?」とお誘いをした。その数時間後、高田馬場で一本訪問をし、おばちゃんのいる新大久保へ。

25年前、新大久保はよく通ったが、当時とは全く違う光景が。「ここは韓国かっ!」駅となりには韓国の芸能人グッズがならぶショップにはじまり、韓国料理屋がずらーっとならぶ。
おばちゃん「何たべたい?」おいら「大久保ならではの地元民おすすめの店をおねがい」とチョイスされたのは、「台湾食堂 帆(はん)」さん。ルーテル教会の脇を入った店。以前はもっと小さなお店だったそうな。おすすめの「とうみょう炒め」と「焼き餃子」と「おかゆ」うまいね。しかも安いし、オーナーが気持ちイイ。おばちゃんから近況をうかがって、むしゃむしゃと食べながらも私は面白い、実に面白い。と心のなかで思うものの、娘の触手はいまいち。(ライブいってみなよ、こんど集まりあったら誘ってもらいなよ。と促しつつ)

おばちゃんは、13歳のときに知り合ってかれこれ26年のお付き合い。20歳のとき沼津にもどってからは、おばちゃんが仲間を連れて沼津に来てくれるようになった。阪神震災以降は、神戸の帰りに立ち寄って魚を食べ、温泉に入って東京へ帰るのがもっぱらのコース。おばちゃん(と、その仲間たち)専用の宿泊室とシャワールームも店の中につくったほど。

微助人の活動で知り合った各界で活躍している方と話をしていると、ひょろっと「あらばきのおばちゃん」が共通の友人であることを知って一気に親近感がわくことが年に数回ある。おばちゃんは印刷機をもって神戸やティモールなど国内外を飛び回る。外国人が多く住む大久保ならではのテーマへの取り組み。などから、たくさんの仲間がいるんだな。子供の頃、おばちゃんち家というか印刷所で寝泊りをさせてもらっていたが、いくと誰かしら先乗りがいる。いつも印刷所を宿としている見知らぬおじさん、おばさんがいた。(おじさんといっても20代、30代だな、失敬な)イベントやライブなどにもつれてってもらって感化を受けた時代であった。おーあの極稀の雑誌を作っている人だ。あーへんてこな歌だ。漫画家さんだ。大道芸だ。落語家さんだ。当時はよくわからなかったが、今でもブラウン管を賑わしている人たちがアングラな世界でいた。

自分の娘も、自分が感化されたような年になった。当時大人たちが、いろんな場所に連れて行ってくれたように「大学生活どうよ?おもしろいこと、熱中できること見つけた?」と私も真似てプチ東京行脚をしたんだが、たかが2~3日では感化される気配もなくww。日々変な(いろんな)考えをもった大人たちがときには喧嘩しながら真剣に議論しているような空間にずぼずぼっと埋まると、面白い出会いも見つけられるんだろうなーと。

地方は情報が限られている。ネットで面白い場所を探すもののイベントサークルくらいしか見つからない。松下政経塾のセミナーでも行ったら?と促しても触手がのびない。こればっかりは親よりも気の合う友達からのなんとなーく行ってみた。が良いんだろうな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/361-176da1bf

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。