FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな渦のなかで 

活動が広がること、組織が大きくなることは目的を達成するためには必要なことでもあるが、多くの人がかかわること、しばりがある資金調達をすることは、本来の活動目的を失いかねないと常々考えてきた。

微助人立ち上げ時のM事務局長からは、「大きくしようと思うな」「自分たちの思うようにできることが大事だ」と言われ続け、資金調達方法も喧々諤々議論をしながら微助人を作ってきたことを思い出す。M事務局長が他界した数年前、迷ったときに進むべき道を見失いがちにある自分。

およそ2年に一度、周辺環境の変化、自分たちのスキルアップに伴って、組織を進化させ活動を続けてきた微助人も11年目。昨年ハリプロ事業をやり、これまでにない変化のなかにいる。

何をけずって、何を絞るのか。タダやればいいでなく、きちんとやるをどこまで遂行できるのか。
細々と小さな団体でも長年たえまなく支援してくださってきた方々と、組織やネームバリューが大きくなって集まってきた方、微助人単体はもとより、フィルムコミッション事業の有益さ、目的&活動に期待されるものは大きく異なると感じる。目的や活動内容が何かではなく、誰がやっているかが大事だったりする環境。

この大きな渦のなかで、見間違うことなく、来年度には大きな脱皮を遂げたいと考える日々。
・活動の成り立ち、仕組み、ノウハウを構築してきた数年間
・ハリプロにより、拠点と人を確保がようやく叶った
・ここで改めて足りないものを整理すれば、本来やりたかった事業に取り組めそうな予感もする
・そのためには、ヒト、カネ、モノをも何が必要なのか、組織変革にも手をつけたいところ



今週は、
1)浜野監督の支援を終え、念願のオール静岡ロケ作品の実現と、県内支援団体はもちろんのこと新規の仲間も加わった広域な支援活動を実現させることができた。
2)また、国交省の表彰事業にエントリー準備をしたことで、活動を振り返り、今後の活動を見据える貴重な時間を作れた
来週は、
3)念願のJFC加盟を果たしたハリプロで、微助人恒例の東京国際映画祭おのぼりさんツアー


フィルムコミッション事業を軸としたNPO活動では、活動には並々ならぬパワー(金銭的、時間的、家族理解的)が必要となる。1回のチャンスを無駄にしたくないと。やらぬ後悔より、やる後悔をモットーに今日もふんばる。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/398-faea346c

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。