FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士宮すごいぜ!富士宮エネルギッ酒倶楽部 

富士宮で活動するサポーター会員の田邉さんから久方ぶりにメールをもらい、電話で近況をはなした。

富士宮は「ロケ応援団!富士宮&芝川 表富士フィルムワーク」さんが設立した頃の数年間、セミナー、イベント、ロケ等で頻繁に通った。今でもその頃の仲間と細く長い関係が続いている。
当時、印象的だったのが、小室富士宮市長の人柄と地域住民の横のつながりがある活動だ。青年会議所出身だという小室市長自ら講演する「地産池消」の推進フードバレー構想。「えー?市長みずから講演しちゃうの?沼津じゃありえなーい!」内容も眠くならなかったことを記憶している。くわえて、講演会場のロビーでは、充実した「ますの組合」の展示ブース。事務員さんだという女性が、各企業さんの商品をことこまかに紹介できる優秀さ。環境が整っていると驚いた。ツーリズムなんていう言葉が浸透する前から、牧場体験ツアーがあって、牧場のみならず役割の異なる活動団体がツアーを展開していた。


そんな印象をもっている富士宮だが、今回も、驚かされた。


富士宮市地域力再生総合研究機構富士宮エネルギッ酒倶楽部
富士宮エネルギッ酒倶楽部の会長をつとめているという田邉さんだが、

富士宮エネルギッ酒倶楽部は、地域資源のブランド化推進に、地酒をこよなく愛する富士宮市民の有志によって結成されたという。

富士宮市地域力再生総合研究機構も、地域資源のブランド化に加えて、販売促進、観光誘客、商品開発を、市民によって行っているという。

行政先導の組織ではなく、市民先導の組織だそうだ。すごいじゃん。やっぱし富士宮だなー!さらに凄いのが、実践力がある立場の異なる各組織が、連携を組んでいるそうな。(富士宮やきそば学会、富士宮にじます学会、富士宮最先豚学会、富士宮みるく学会、富士宮エネルギッ酒倶楽部)
(富士宮市、富士宮市観光協会、富士宮商工会議所、富士常葉大学、NPOまちづくりトップランナーふじのみや本舗等)
市民というひとくくりでなく、最終目的は同じでも、手法や取り組みが異なる組織がそれぞれ存在すること。それが連携すること、これがとっても大事だとつくづく思う。HPを拝見させていただく限りでは、どの文言もわかりやすく目的が明確だと思った。それだけ経験を重ねてきたからだろうと。見習っていきたいものだ。


頭のなかでもやもやと描いていた理想スタイルの活動体が、こんな身近に存在していたなんて。近く法人化も目指しているそうで、注目したい富士宮である。

今日もこうして一つ、おりこうさんになれた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/409-6c292ba6

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。