FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■NPO事業塾 役職別「学びたいテーマ」&同じ団体の人に「学んで欲しいテーマ」 

ろうきん主催のNPO事業塾第二回目、またしても感服!っす。

私はフィルム微助人では理事長という立場で、日頃物事を判断し取り組みます。また別の組織では理事だったり、スタッフだったり別の立場で取り組む。互いの立場を経験することで見えてくるものもあるが、日常の細かい作業ではスタッフが何を考えているか?戸惑うこともある。そんな悩みにヒントを与えた講義をちと紹介。

★IIHOE発行の ~強くしなやかな非営利組織経営のための情報誌~「NPOマネジメント」 はネットからも購入できるよ

■IIHOE「NPOマネジメント」No.48 から
IIHOEが研修受講者にとったアンケートをとりまとめ、役職別に学びたいテーマ、学んで欲しいテーマを分析している。
Q)まずは、回答者の本業や、NPO団体のポジション、活動分野を元にたずねられる。
※役職は、代表者、理事、事務局長、スタッフ、ボランティア等の7項目に分けられる。

Q)あなたが今後「講座で学びたいテーマ」はなんですか?(複数回答可)
※テーマは、ボランティアのマネジメント ・人材育成 ・組織評価 ・理事会の活用 ・事業計画の立て方 ・成果を生む会議の開き方 といった13項目に分けられる。

Q)どうように、同じ団体の人に「講座で学んで欲しいテーマ」をたずねられる。(複数回答可)
※例)「スタッフ」に、「行政との協働」を学んで欲しい。 
 例)「代表者」に、「政策作りの方法」を学んで欲しい。となる


この表からは、異なる立場により、学びたいこと、学んで欲しいことの違いがあることがわかります。

気になった分析結果(抜粋):
・代表者自身が学びたいことは、
  1位12.2% どうスタッフと運営していくか(人材育成・採用)
  2位11.3% 外部と関係をつくっていくか(行政との協働、会員拡大)
     
・代表者は、スタッフに対して
  1位17.7% 会議での積極的な発言をしてもらいたい(成果を生む会議の開き方)
  2位12.5% 事業計画を一緒に考えてもらいたい(事業計画の立て方)

・一方、スタッフ自身が学びたいことは
  1位10.9% 事業の作り方(事業計画)がトップにきて

・スタッフが代表者に学んでもらいたいことは
  1位11% スタッフの動かし方(人材育成・採用)
  1位11% 会議もっとなんとかならないの?(成果を生む会議の開き方)
  1位11% 事業をどうつくるか(事業計画の立て方)
  1位11% 会員をどう拡大するかを考えてもらいたく(会員拡大の手法)   

と双方異なることがわかります。


■講座で学んだこと
日頃、スタッフ同士、理事とスタッフ同士、といった立場の違いから、互いに求め、すれちがい、衝突をする場面も活動をする上では、不可欠です。その際、「立場によって求めること、求められることが異なるんだ。」特定の個人だからではなく、立場を考えることが重要だと思うわけです。それを整理して考えられるアンケート分析でした。
更に、アンケートをとった後は、こういう分析の仕方をしなくてはなーと。活動に反映させたいものですな。(反省)

上記を念頭におき目指すものは、成果を生み出すための活動であり、それを支える運営、その組織(一人一人)なので、自身にとってお互いにとって、意見交換をしながら、互いに力を注げたら、と再認識しましたね。こんな風に考えていることを日頃仲間に伝えられていない。仲間がわかる言葉を使える、伝えられる人間に成長したいと願うこの頃。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://befilm.blog39.fc2.com/tb.php/79-326f4c6e

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 NPO法人フィルム微助人 理事長ブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。